記事提供:しらべぇ

友人が「同性だけ」という人は、それほど多くないだろう。しかし、親しくなりすぎた男女は、周囲からはつきあっているように見えることもある。また、当人の間でも誤解を招くことも。

この世に男性と女性がある限り、永遠のテーマとも言える「男女の友情」、一般的にはどう思われているのだろうか?

■男女とも過半数が支持!でも男女の格差も

全国20~60代の男女1671名に調査したところ、全体では63%が「男女の友情は成立する」と回答。しかし、男女差を見ると、10ポイント以上の差が開いた。

すべての世代で男性は女性を下回り、「ずっとお友達」で済ませられると思っているのは、むしろ女性であることがわかる。

ところがそれだけではなく、この男女差を年代別に見ていくと、突出して格差が大きい世代が判明したのだ。

■衰え知らずの50代男性が誇る、驚異の「肉食度」

男女差の全体平均である12.2%。50代を除くすべての世代は、それを下回っており、男女のギャップが比較的少ない。

しかし、50代男性は「友情が成立する」と考える割合がもっとも低く(52.2%)、一方で50代女性はもっとも高い(74.6%)ため、平均の2倍近い男女差が開いた。

しらべぇでは、以前からこの50代男性の「絶倫ぶり」に着目し、男性においてセックスの頻度がもっとも高いのが50代であることもお伝えしたが、異性に対するまなざしの違いにもそれが現れているのだろうか。

【年代別「Hしてる率」】20代男子は「絶食化」!その2倍以上しまくってるのは?

バブル景気の主役だった50代には、これからも日本経済や社会をガンガン引っ張っていってほしい。

しかし、彼らを「異性の友人」として考えていた女性たちは、相手の意識も同じなのかどうか、一度冷静に関係を見つめ直してみてもいいだろう。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年5月22日~2015年5月25日
対象:全国20代~60代男女1671名

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス