飲み会で隣の女の子を見ると、箸袋で見事な箸置きを作っていた!
なんて経験はありませんか?

最近では、男性でもパパッとシンプルな箸置きを仕上げる方もいますよね。


上記の写真は簡単にできる箸置きの一つですが、
ちょっと上級者向けの「リボン」や「鶴」「ハート型」の箸置きも、一度覚えれば意外に簡単に作れるのです!

また、ホームパーティーでは箸袋の代わりに折り紙を使うと、華やかに仕上がるのでお勧めです。

今回は、【箸袋で作れる箸置き9選】をご紹介します!

1.ハート型の箸置き(難易度★☆☆)

出典筆者撮影

難しそうに見えて、こんなに簡単だったとは・・
女性の皆さん、ぜひ作ってみてください!

出典筆者撮影

さらに詳しい作り方は、以下の動画でご確認ください。

2.リボンの箸置き(難易度★☆☆)

出典筆者撮影

一度覚えたら、1分もかからずに作れました!
角の折り方を変えるだけで、好きな形のリボンが作れます。


作り方は、以下の動画で確認ください。

3.鶴の箸置き(難易度★☆☆)

出典筆者撮影

割り箸の袋の両端を破って、縦長の紙一枚を使って作る鶴です。
キレイに羽根が広がった時、ちょっとした達成感がありました・・。
こちらも、覚えたら1分以内で作れちゃいます。

作り方はこちら。

4.ネクタイ(難易度★☆☆)

出典筆者撮影

こちらも、最も簡単にできる箸置きの一つです。
ネクタイの先端の形を整えたら、あとは端を結ぶだけ。

出典筆者撮影

「お疲れ様」の意味を込めて、男性の方に作ってあげてみては?

動画での作り方は、こちら。

5.定番シンプル箸置き(難易度★☆☆)

出典筆者撮影

この箸置きを作っている人は、多いですよね。
10秒で作れます。

出典筆者撮影

端袋の長さに応じて、最初の段階で2等分ではなく3等分や4等分にしても良し。
動画で作り方を確認したい方は、以下をご覧ください。

6.舟の箸置き(難易度★☆☆)

出典筆者撮影

こちらも、定番の一つではないでしょうか。
30秒もかけず、安定した箸置きが作れるので、お勧めです!

作り方はこちら。

7.亀の箸置き(難易度★★☆)

出典筆者撮影

緑の割り箸袋だった時は、この亀を作るしかありません!
何ともリアルに仕上がります。

が、甲羅・足・しっぽ・頭・・・と仕上げていくと、結構時間がかかります。
1分15秒の辺りからは、少しずつ作り方が複雑になっていくので、解説も読みながら作ってみてくださいね!

作り方はこちら。

8.魚の骨の箸置き(難易度★★★)

出典 https://www.youtube.com

こんな箸置きがテーブルに並んだら、話のネタになりそうです!

作り方はシンプルなのですが、動画内では特に説明がなく仕上げていってしまうので、集中してご覧ください。最初に魚の頭を作り、後は骨の部分の型をつけ、一旦全て開いてから骨の部分を折っていくようになります。

作り方は、こちら。

9.カニの箸置き(難易度★★★)

出典筆者撮影

立体感のある蟹ですよね!
亀と同様、リアルに仕上がります。

動画内の流れが速いので、一過程ずつ停止して折り方を確認してみると良いと思います。
作り方はこちら。

今回、私自身も上記9種類を全て作ってみましたが、どれも見た目以上に簡単に出来たので驚きました。

作成時間も考慮した上で、難易度を★で表しています。参考にしてみてくださいね。

さぁ、次回の飲み会で、周りの目を引く「箸置き」を作ってみませんか?

この記事を書いたユーザー

Maki このユーザーの他の記事を見る

2012年よりカナダ在住。趣味は写真と旅行で、2005年からフォトブログ( http://sweetphoto.exblog.jp )を続けています。
●カナダ発の英語フレーズ集サイト『ENGLISH LIFE』運営
https://makienglishlife.wordpress.com
●『地球の歩き方 カナダ・ナナイモ現地特派員』として現地情報配信中
http://tokuhain.arukikata.co.jp/nanaimo/
●バンクーバーの現地情報サイト『LifeVancouver』ライター
http://lifevancouver.jp/author/maki

権利侵害申告はこちら