テレビ離れが深刻になっているようです

テレビ離れを告げるニュースが相次いで発表され、状況の深刻さが浮き彫りになっています。

「ほとんど、まったく見ない」「短時間(30分~2時間)」とする回答は3ポイント増えて38%

出典 http://www.nikkei.com

実際に周りでもテレビの話題が上がることが少なくなっているように感じます。友達同士で話題にしようにも、近頃はドラマなどは皆が見ているような番組があまりないため、共通の話題になりづらい印象。

また、海外ではテレビ離れによって大規模なリストラが実施される事態にもなっているようです。

英国放送協会(BBC)は2日、職員1000人以上を削減すると発表した。インターネット経由で番組を視聴する人が増え、テレビの保有者が減ったことにより、受信料に相当するライセンス料(受信許可料)が来年度に当初の想定よりも1億5000万ポンド(約290億円)不足する見通しとなったための措置だ。

出典 http://www.sankei.com

子ども達はiPadを取り上げられ罰としてテレビを見せられる…?

このニュースでも、インターネットの影響を伝えています。特に若者のインターネット利用時間が延びたことで、テレビの視聴時間に影響を与えているようです。
とりわけ子ども達に至っては、iPadを取り上げられ罰としてテレビを見せられるという逆転現象ともいえるニュースまで出ています。

子ども達がテレビよりタブレットを選ぶ理由として、どこでも持ち運べ、タッチスクリーンが快適で簡単に使え、独り占めでき、何度も繰り返し見ることができることが挙げられています。

流れている番組を見るという受け身なテレビと違って、タブレットであれば自分の見たいものを何度でも視聴できるのが、子ども達の心を掴んでいるという事でしょうか。チャンネル争いなどは過去のものなのかもしれません。

そんな中、民法各局が新サービスを発表

民法5局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビジョン)が連携して、テレビの見逃し配信を実施するサービスを2015年10月から開始すると発表しました。

各局で放送中のドラマやバラエティ番組がスマホ・タブレットで見る事ができるようです。放送後の1週間、広告付きの見逃し配信を視聴料無料で見られるとのこと。
これまでも各局は独自に、番組のオンデマンドサービスは提供してきましたが、新サービスは無料で出してくるということで、気軽に利用できるかも。

テレビの巻き返しなるか!?

まぁ、そもそも見たいと思えるテレビ番組自体が少ないんですよね!!
毎週見たいと思える番組であれば録画予約するでしょうし、1週間の見逃し配信でどれほど間口を広げられるのか、本当に新しい視聴スタイルを提案できるのか、要注目です。

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス