昨今シンガポールの物価は世界一だとか言われてますが、タバコやお酒などの趣向品、不動産や車などの価格を除けば、それほど高くはないです。特に交通費用や食費などは非常に良心的な価格です。

交通費はMRT(電車)でシンガポールの端から端まで行ったとしても、せいぜい300円程度。食費は本格的な日本食レストランで食べると確かに高くつきますが、シンガポール内で腐るほど目にする「フードコート」や「ホーカー(露天商、屋台)」などで食べると、一食500円も出せばお釣りがきます。

今回はそんな「フードコート」や「ホーカー(露天商、屋台)」にて日本円ワンコイン食べられる、おすすめ料理を紹介していきます。

チキンライス

シンガポール料理の定番です。何故みんなチキンを食べるようになったのか?シンガポールは多民族国家なのでイスラム教徒やヒンドゥー教徒の方も多数います。だから牛でも豚でもないみんな食がべられる鶏を食べるようになったらしい。

フライドオイスター

卵と牡蠣を混ぜて炒めたもの。牡蠣の旨味が凝縮されていて非常に美味しい。特にビールとのコンビネーションは格別です。

ホッケンミー

水っぽい塩焼きそばのような食べ物。概ねフライドオイスターが売って入る屋台と同じ屋台で注文できる。フライドオイスター同様お酒に合うおすすめ料理です。

ヨントーフ

シンガポールのおでん的存在。シンガポールの料理はほとんど脂っこいものばかりですが、唯一野菜がたっぷり取れるヘルシーなシンガポール料理です。麺を入れたり、ご飯をつけたり、スープを抜いてドライで注文したり、様々なバリエーションが楽しめます。

ダンプリング(餃子)ヌードル

シンガポールのフードコートでは、手打ち麵を売っている店がたくさんあります。価格はSGD5.00(400円)前後と良心的ですが、クオリティが高くコストパフォーマンスが素晴らしいです。

以上がシンガポール在住そろそろ5年目になる自分が選んだ5選です。シンガポールは外食文化なので、シティで忙しく働く大半の労働者たちの胃袋も、こういった屋台の料理で満たされています。

物価はそれほど高くないとはいうものの、やはりホテルや趣向品はべらぼうに高いシンガポール。せめてコストパフォーマンスの良い美味しい料理で食費だけでも節約しつつ、ローカル気分を満喫するのがベストだと思います。

この記事を書いたユーザー

Xin(しん) このユーザーの他の記事を見る

シンガポール在住5年目に突入しました。ブログ(http://www.sinlog.asia/)書いています。海外旅行、語学学習、お笑いに興味がありますが、雑多にまとめていこうと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス