季節の変わり目や天候が悪いときに、体調が悪くなったと感じたことはありませんか?台風が接近している時、低気圧によって体調を崩す人が多いようです。

天気が悪くなると古傷が痛んだりしませんか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

天気が悪くなると古傷が痛んだり持病が悪化したりしませんか?こうした痛みは気圧が関係している可能性があるようです。

気圧が下がっていくと、交感神経の働きが活発になります。交感神経の働きが活発になることで、身体が緊張状態になり頭痛や筋肉の凝りといった症状を引き起こすのです。交感神経が優位になると、痛みを感じやすくなる作用もあるため、普段は感じない痛みが出てくる場合もあるでしょう。

“雨で古傷が痛む”というのは、気のせいではなく、天候によって自律神経に影響が出ているためと考えられます」

出典 http://nikkancareism.jp

雨で古傷が痛むというのは、迷信や思い込みではなかったんですね。

古傷は、大きな負荷がかかって、いったん組織が破壊されてしまった場所です。見た目には傷が治ったようであっても、毛細血管の本数は少なくなり、血液が流れにくい場所になっています。そのため、気圧の低い雨の日などには、血液の循環が悪くなり、疼く、痛むなどの症状が起ります。

出典 http://beauty.hotpepper.jp

毛細血管が少なくなると血液が流れにくくなり、気圧が低くなると血液の循環が悪くなると症状が出るんですね。

気圧の影響でどんな症状がおこるの?

・頭痛
・肩こり
・体のだるさ
・うつ症状
・腰痛
・関節の痛み
・めまい
・むくみ

などがあります。症状は人それぞれで、自分の元々弱い箇所に痛みなどが出やすくもあります。

古傷などの痛みの対処法は?

1.ゆっくりとお風呂に浸かり、血行を良くする
2.痛む部分は血流が悪くなっているので、とにかく温めてあげるといいです。
3.自律神経のバランスを整え、身体をゆっくり休ませる
4.しっかり睡眠をとるのも大事です!

気圧の変化でむくみも

・気圧がさがると身体がむくむ
・気圧が上がると身体が縮む
ということと関係しているのです。

「季節の変わり目には、気圧と湿度の関係で体調を崩しがち。たとえば、飛行機などで高い場所に行くと、体がむくみ、逆に深海にいくと、体がギュッと縮みます。これと同じく、低気圧がくると、体が膨張してしまい、高山病や夏バテに近い症状になるんですよ」

出典 http://www.zakzak.co.jp

特にだるさや頭痛を感じる人が多い。

男女別に見てみると、“特になし”と答えた割合は、男性が49%だったのに対し、女性は25%となり、男性よりも女性の方が気圧の変化を受けやすい傾向にあることが分かりました。(中略)女性の2人に1人が“だるい”と感じ、3人に1人が“頭痛”を感じているという結果になりました。

出典 http://weathernews.com

気圧が1時間に1hPa下がったタイミングで「体調の変化はありますか?」と質問したときの調査結果は、だるさや頭痛を感じている人が多い事がわかった。

どんな人が影響を受けやすいの?

低気圧の接近や低気圧になってしばらくは誰も体の変化が起きてるのですがその変化に非常に敏感な方もいます。もともとストレスに過敏な体質の方に多いのです。

出典 http://okwave.jp

ストレスに敏感で、男性より女性の方が気圧の変化にも敏感な場合が多いようです。

台風が来ると頭痛が…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

台風が来ると頭痛に悩まされる方がいます。気圧の急な変化によって、血管が膨張して神経を圧迫することが原因と言われています。このような頭痛は低気圧頭痛といいます。氷枕で頭を冷やしたり、部屋を暗くしてリラックスした状態で横になることが良いとされています。

めまいや喘息が…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

めまいや喘息は気圧の変化が深く関わっていると言われています。気圧の変化すると、血管の圧迫や拡張によって血流も変化、めまいなどの症状を誘発すると言われています。気圧の変化で耳の最深部である内耳といわれる部分が反応して、交感神経が活発になります。活発になった交感神経は痛みを感じやすく、自律神経の働きを乱す働きがあります。

突然めまいが起こったときはどうしたらいいのか?

① 我慢せずに座ることが最優先。
② 衣服や体を締め付けているベルトを緩め、楽にする。
③ なるべく静かな場所を選び、安静にする。
④ 頭を動かさないようにする。
⑤ めまいが長引くときは横になる。
⑥ 強いめまいでは、嘔吐に備える。

出典 http://www.kamimura-ent.com

鼻の粘膜が…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

気圧が低くなってくる。と言うことは、私たちの身体の外側から内側への圧力が弱まります。それまで、鼻の粘膜や気道、気管支などの内腔は、圧が弱まることで、粘膜が肥厚し道が狭くなります。それにより鼻がつまりやすくなったり、気道が狭くなることで息苦しく感じやすくなります。

出典 http://ameblo.jp

気圧が急降下するタイミングがとくに反応しやすくなるそうです。

いかがでしたか?低気圧や台風の時の体調不良は、「気のせい」ではなく、きちんとした理由があるんですね。気圧の変化を感じたとき、早めの対処が肝心です。ゆっくり休んだり無理のないように過ごしてくださいね。

この記事を書いたユーザー

☆ラララ☆ このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナ公式ライターの☆ラララ☆です。しまむらやプチプラの記事を中心に執筆してます。Twitter、Facebookでのシェア大歓迎!!拡散お願いします♪
インスタグラム  https://www.instagram.com/lalalala921/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • インターネット
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • ゲーム
  • エンタメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス