■ “胸キュン”は、体のどこで発生しているの?

記事提供:Doctors Me

Doctors Me編集部です。
好きな人を見たり、思いがけず異性に優しくされたりすると胸がキュンとすることがありますよね。息苦しいような、切ないような、あの感じはどこから来るのでしょう。

医学的には、あの胸がキュンとする感覚は脳からきています。大脳辺縁系の一部である1.5㎝程度の小さな扁桃体と呼ばれる部分が、無意識での不安感、悲しみ、喜びや恐怖感、直感を司っているのです。

つまり、クルミ程度のサイズの部位が、あらゆるものに対する“好き”や“嫌い”を判断しているわけです。何だか不思議な感覚だと思いませんか?

■ 扁桃体の反応で発生する不安感と幸福感=胸キュン

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

胸がキュンとするときはこの扁桃体が複雑な反応を起こし、「相手に受け入れられないのではないか」という不安感や「この人が大好き(素敵)」という幸福感など入り混じった感情が同時に起こっていると考えられます。

言われてみれば、キュンとする気持ちは不安感も混じった気持ちのような気がしませんか?
また、脳内では
・アドレナリン
・ドーパミン
・フェニルエチルアミン
といったいわゆる脳内ホルモンも多く分泌されます。

■ 脳内ホルモンと感情のカンケイ

1:アドレナリン
アドレナリンが多く分泌されると興奮したり、動悸が速くなったりして「戦闘モード」に入ります。同時に充実感、幸福感ももたらしてくれます。

2:ドーパミン
意欲、快感、楽しみをもたらす脳内ホルモンで、うつ病の一部はドーパミン不足が引き起こすものと考えられています。

3:フェニルエチルアミン
この物質は「胸がキュンとする」反応に、最も強く関係すると考えられていて、好き! という気持ちを高めて、胸をドキドキさせたり、汗をかいたり目をウルウルさせたりする働きがあります。まさに恋する乙女の状態ですよね。

■ 胸キュンは、健康を増進する!?

出典 https://doctorsme-production.s3.amazonaws.com

この胸がキュンとする、という反応は実は健康にもとっても良いと考えられていて、脳が活発に反応することで脳の働きがよくなったり、免疫力や意欲が高まったりするとされています。

また、女性ホルモンの分泌も刺激されて、お肌がツルツルになったり若返ったりもするようですよ。素敵な恋をしてキュンとする気持ちを思う存分味わって、キレイにもなれたらいうことなしですよね。

出典:胸キュン = 幸福感 × 不安感?、"胸キュン"で脳内はどうなっている?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス