これが「納豆」ですよね?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

これが「豆腐」ですよね?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

納豆と豆腐は逆じゃないですか? 名前と実体が逆になってると思うんですが…。

ナットウは、大豆を発酵させた(腐らせた)食品ですよね。トウフは、大豆の搾り汁を型に入れて(納めて)固めた食品ですよね。

ナットウも見方によっては、藁の入れ物に大豆を納めてると言えばそうですけど。でもトウフは、実際は腐ってないのに「豆腐」だなんて、良く解りません。どなたか教えて下さい。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

筆者が思った疑問をネットで調べ始めると、既に全く同じ気持ちの人がいました。

ということで、「納豆」は、何となくいいとしても、「豆腐」?豆を腐らせたら「納豆」…。納得いかないと思って、納豆喰いながら調べものをしました。

納豆(なっとう)は、大豆を納豆菌によって発酵させた日本の発酵食品。各種が存在するが、現在では一般的に「糸引き納豆」を指す。

出典 https://ja.wikipedia.org

「納豆」についての解説です。その通りですよね?最近ではパック入りかカップ入りのものが主流ですね。

豆腐(とうふ)は、大豆の搾り汁(豆乳)を凝固剤(にがり、その他)によって固めた加工食品である。

出典 https://ja.wikipedia.org

「豆腐」についての解説です。これまた、異議なしですね!最近は豆腐屋さんも減って、入れ物を持って行くことも無くなりましたが、量販店などではパック入りで売っていますね。

納豆の語源:

納豆という名前は、寺の納所(台所)で作られたことに由来するといわれています。
 
納所で大豆を原料に作るから「納豆」。

そのほか「煮豆を神棚に備えたところ、しめなわに付着していた納豆菌の働きで納豆になった。神に納めた豆=納豆」という説もあります。

出典 http://homepage2.nifty.com

「納豆」に関しては、そのような事も言われているようですね。

以前はパックなどではなく、ワラにおさめられていた商品も多かったことを考えると、分からなくもない名前の由来と言えそうですね。

「豆腐」と「納豆」は中国から輸入されたもので、木の大きな箱にそれぞれ入っており、「豆腐」「納豆」と 書いた紙が貼ってあった。日本の港に到着したとき、ちょうど台風の季節だったので船がゆれ、名前を書いた紙がはがれてしまった。
どちらがどちらの名前なのか知らなかった日本人は、本来の豆腐に「納豆」、納豆に「豆腐」と間違えてその紙を貼ってしまった。

出典 http://www.freeml.com

とても正解と思えない感じが筆者的に気に入ったので、この意見ご紹介しておきます(笑)

【豆腐】

中国から日本に持ち込まれた際,既にこの表記が使われていました。

中国で豆腐と表記される様になった理由としては、豆乳を固めた物だから(「腐」と言う字は「凝固させる」の意味もある)

出典 http://homepage2.nifty.com

ネット上では、この説を多く見かけます。

豆腐

『腐』という漢字は本来「納屋の中で肉を熟成させる」という字義から転じて、柔らかく弾力性があるものを意味するものであったが、日本では食品に「腐る」という字を用いることを嫌って、豆富や豆冨などと記すこともある(日本の豆腐は発酵していない。中国には豆腐を発酵させた腐乳や臭豆腐もある)。

出典 https://ja.wikipedia.org

やはり、この辺りの説が説得力を持つと筆者は思いましたが、読者の皆さまいかがでしょうか?

では、「豆腐」と「納豆」は名前が逆なのかどうか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「本来は豆を腐らせた(発酵させた)ものが『豆腐』、型に納めたものが『納豆』であったが、両者が取り違えられた」と名称の由来が語られることがあるが、これは明らかな間違いである。

出典 https://ja.wikipedia.org

言いきってますねぇ…。

豆腐は中国から伝来した可能性の高い食品であり、中国でもこの名前で呼ばれているのに対して、納豆は日本独自の言葉であり、取り違えられることはあり得ない。

出典 https://ja.wikipedia.org

のようです。ネットで調べた限り、筆者もその説に賛同するようになりました。

とは言え、諸説があり、絶対的な正解が見つかりませんが…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

諸説ある中で、多数派と言いますか有力視されている説を筆者は信じることにします。

ですので、逆になったという説は俗説で少数派なのではないかと筆者は考えるようになってきましたが、読者の皆さんいかがでしょうか?

実は奥深い世界で、日本だけの問題ではありませんから、今後もこの議論は続くかもしれませんね…。最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら