日本の懐かしい映画看板。昔はこういった手描きの映画看板が主流だった時代がありましたが、作品の雰囲気がにじみ出てくるような趣のあるものでした。

一方、アフリカのガーナで描かれていた映画の手描きポスターが、あまりにも独創的で衝撃的だったので、ご紹介します。

1.

出典 https://twitter.com

『ミッション:インポッシブル』ですよね…?主演はトム・クルーズですよね…?このオッサンは誰?(お察し)

1.

出典 https://zlapgrafika.pl

大泉洋さんが混じってる。

2.

出典 https://www.facebook.com

『となりのトトロ』なのか『ホームアローン』なのかわからない…というよりも私の知ってるサツキとメイじゃない。

3.

出典 http://englishrussia.com

ピカソやダリを彷彿とさせるシュワちゃん。

5.

出典 http://www.awesome-robo.com

中年太りのブルース・リーと思しき人。

6.

出典 https://zlapgrafika.pl

ゆる~い包帯みたいなもので拘束されてる間に逃げればよかったのに…。

7.

出典 http://assemblyman-eph.blogspot.jp

大量のお猫様に四方八方を引っ掻かれるドMなおばちゃんの映画ですか?

8.

出典 http://mpcdot.com

ムシャムシャ…(困惑)

9.

出典 http://marumeganeism.blog59.fc2.com

どんな映画か全くわかんないよぉー(これに限った話じゃないけど)

10.

出典 https://zlapgrafika.pl

だからもう、全然わかんないんだよぉー怖いよぉー(号泣)

この一連のポスターは、絵師が実際に映画を観て、それを元にして油彩で描いていったようです。絵師は映画を観た後で描いてるんですが、ポスターを観ると、描かれた内容はもとの映画にあまり拘束されてないんですよね。

なかには映画に無いシーンが描きこまれることも当たり前だったらしくて、映画を表現するというよりも絵師のヴィジョンを表現するという要素が勝ってるような創作物になっています。

不思議なことにこのポスターが現れたのはガーナだけで、ガーナ以外のアフリカの周辺国では描かれなかったそうです。

出典 http://marumeganeism.blog59.fc2.com

絵師が実際に映画を見て、それを元に描いていくという手法だったようですね。

「映画を表現するというよりも絵師のヴィジョンを表現するという要素が勝ってるような創作物」
妙に納得…。これも一種の芸術…かな…。

この記事を書いたユーザー

のぶろんそん このユーザーの他の記事を見る

寝ても覚めても猫・猫・猫♥異常なまでの(?)猫愛を生かした猫記事を中心に書いています。根っからの猫好きさんはもちろん、猫に興味がない人までも猫好きにできれば本望です。猫もネコもだいすきです^^^^^

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス