自分の寝相はわからないもの

出典 http://www.gettyimages.co.jp

眠りに落ちる瞬間自分がどんな体勢になっているかはわからないものですが、眠りにつく直前はなんとなくこの寝姿が落ち着くというのはあるかと思います。その寝姿に自然と自身の性格が現れるというのですが…

胎児型と半胎児型

出典 http://www.gettyimages.co.jp

胎児型は体をくるっと丸めて眠る姿勢です。自分の殻に閉じこもる感じですね。依存心が強い傾向にある「甘えん坊型」です。

これに対して半胎児型は膝だけを折って寝る姿勢です。こちらは「精神的安定型」。協調性が豊かで常識的です。ただし優柔不断な面もあります。

上半身を丸めるかどうかでこんな違いがあるのですね。

うつ伏せと仰向け

出典 http://www.gettyimages.co.jp

うつ伏せで眠りに入るタイプの人は「神経質型」。よく言えば几帳面。悪くいえば自己中心です。人に物事を任せるのが苦手と言えるでしょう。

仰向けに寝る王様タイプとも呼ばれる寝姿は「個性派型」。行動力もあり柔軟性もあります。芸能人や芸術家に向いていそうですね。

スフィンクスと抱きつき

出典 http://www.gettyimages.co.jp

スフィンクスのようにひざまずいて背中を丸める姿勢。なかなか眠りにくい姿勢に思えますが、現実的にいないわけではありません。このタイプは「現実逃避型」。眠りを拒絶する、あるいは眠りが浅い人に見受けられます。病気で苦しむ方に多いかもしれません。

抱きつき枕がないと眠れないという方もいるでしょう。そんな抱きつき姿勢で眠る方は「寂しがり屋型」。甘えるのが下手で、現実世界でうまく欲求を満たせない人に多いのだとか。

スタンダード(?)な横向き

出典 http://www.gettyimages.co.jp

左右の癖はあるにせよ、一番多いであろう横向きに寝る姿勢。「社交性型」で常識的とのことです。極々一般的ということでしょうか。

まとめ

寝姿はもちろんこれだけではありません。足首を絡める囚人型と呼ばれる寝姿は「悩み持ち型」。また、ここにあげた例が複数組み合わさった寝姿の方もいることでしょう。

王様型の仰向け姿勢で寝ていたとしても、胸に手を当てている状態であれば、それは不安を抱えている「ストレス型」という見方もあります。

寝姿が全てを表しているとは言いませんが、睡眠という人間が一番無防備な時ほど、緊張やストレスを解消しようという傾向が表れるというのは的外れでな話ではないでしょう。自分の寝姿を一度確認してみるのもよいかと思います。

合わせて読みたい?

この記事を書いたユーザー

らいなぁ このユーザーの他の記事を見る

【facebook】https://www.facebook.com/LINER0905
【twitter】@LINER_ippuku
引きこもりの気分屋専業主夫時々物書き屋。ベイスターズ、プロレス、相撲、アニメ、水曜どうでしょう好き。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 暮らし
  • テレビ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス