ドイツのスポーツ用品メーカーであるアディダスと、環境保護団体のParley for the Oceansがコラボして、海に漂う漁網やプラスティック製のゴミなどをリサイクルしてスニーカーを作りました。

ゴミを回収したのは、あの非営利環境団体

材料として使われた魚網は、あの非営利環境団体シー・シェパードが密漁漁船の追跡調査の際に回収したものなんだそうです。最遠で西アフリカ沖まで航海を続け、110日間もかけてこの多大な量の魚網を集めていったということですが、そんな活動もしているんですね。

ゴミをそのまま利用している美しいデザイン

このスニーカーの最大の特徴である爽やかなミントグリーンの縞模様は、なんと回収した網をほぼそのまま利用しているんだとか。

とてもゴミから生まれたとは思えないような素敵なデザインですね。

これをきっかけに環境問題を考えよう

人間が身勝手に廃棄したプラスチックのゴミや魚網などは、海に生息する動物や植物を傷つける原因になると言われています。もちろん私たち人間にも多大な影響を与えていますね。

アディダスは今後もこうした環境保護活動を続けていくそうで、現在このスニーカーも製品化に向けて動き出しているようです。

この素敵なスニーカーの製品化を待ちながら、環境問題についても考えていきたいですね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス