おそらく年中、多くの人がチャレンジするダイエット。最初はやる気があっても…いつの間にかやめていたこともあるのでは?

◯◯ダイエット!という前に、まずはいつもの自分の日常生活を振り返ってみましょう。

1. 野菜から食べる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「食べ順ダイエット」とも言われていますが、実はカンタンにできる方法。すごくお腹がすいている時こそ、いきなり白ご飯にまっしぐらなのはNG。血糖値が急激に上昇してしまい、ダイエットとは真逆の方向へ進んでしまいます。
おうちごはんでも、健康のためにサラダは常に用意して、そしてそのサラダから食べ始めると血糖値の上昇はゆるやかに抑えられるので、太りにくくなります。

いつの間にか意識しなくなって、順番なんて考えずにごはんを食べてしまっていたかもしれませんが、まずは野菜から食べる、ということを習慣にして当たり前にしていくと良いと思います。

2. よく噛む

出典 http://www.gettyimages.co.jp

よく噛んで食べる。分かってはいても、噛んで食べるという行動が無意識でもできるので、意識していないとなかなか難しいかもしれません…。

一口につき、まずは30回以上噛んでみることから始めてみてください。数えながら食べてみると、いかに普段あまり噛んでいないかがわかると思います。そして慣れてきたら、次は50回以上噛んで食べることにもチャレンジしてみてください。

よく噛むことで、満腹中枢が刺激されてお腹がいっぱいになりやすいということは聞いたことがあるかもしれませんが、実はそれだけではありません!顔の筋肉もしっかり使うことになるので、小顔効果も期待できます。

3. 電車では座らない

出典 http://www.gettyimages.co.jp

すごく疲れている時や長時間乗っているような場合以外で、電車では座らないという選択をしてみませんか?
席が空いていたら、つい座ってしまいがちな電車。でもその移動の間でも立っていることで、1時間なら約100kcalが消費できるそうなんです!いつもの通勤・通学時間にもカロリー消費ができることがわかれば、少し頑張れそうかも!?

ただ立っているだけでもカロリーが消費されますが、二の腕もひそかに運動!ひじの角度が90度くらいの角度で吊り革を持ち、下へ引っ張ります。長時間は難しいと思いますが、腕を交互に替えてみたりして、二の腕エクササイズも実践できれば一石二鳥♪

4. 足を組まない

出典 http://www.gettyimages.co.jp

仕事中や食事の時、知らない間に足を組むのがクセになっていませんか?この記事を読んでいる人の中にも、足を組んでいてハッとする人がいるかも。
足を組むことで、体にかかる力が左右均等ではなくなるので、骨盤がゆがむ原因となってしまいます。骨盤がゆがむと、血流が悪くなりむくみやすくなります。そしてその結果、太ってしまうことにつながります。

足を組むのが昔からのクセになっている人は、それを直すのが少し難しいかもしれませんが、まずは慣れることです。気づいた時でもいいので、足を組むという行動を減らしていきましょう。
イスに深く座っていると足を組みがちになってしまうので、少し浅めに座ってみてください。

5. すぐにジュースを飲まない

出典 http://www.gettyimages.co.jp

コールドプレスジュースなど野菜やフルーツだけのジュースではなく、一般的なペットボトルのジュース。炭酸入りジュースをのどが渇いた時に飲むと、シュワシュワ感が心地いいのでつい選びがち。
でも、甘くておいしいジュースほど砂糖がたっぷり含まれているので要注意!ジュースによっては、ペットボトル1本(500ml)で約50gもの砂糖が含まれているものもあります。砂糖の1日の摂取目標量は約25gなので、1本でその量を上回ってしまう場合があるということです…。

ふだんの行動を振り返るとすぐにできることばかりです

必要な物もコツも特になし!意識して気をつけて過ごすだけで、少しずつ生活習慣を変えられることができます。ダイエットだけではなく体にも良いことが多いと思うので、明日からチャレンジ!

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

by.S公式ライター。ユニクロ・GUなどのプチプラ高見えファッションを中心に書いています。
web▷http://milkteagirl.me Instagram▷@_milkteagirl

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら