記事提供:まぐまぐニュース!

誰もが知る名経営者である松下幸之助と本田宗一郎は、社員を「叱る」ことにおいても名人だった?無料メルマガ『戦略経営の「よもやま話」』では、両経営者の叱り方の違いを分析しつつ、真に効果的な社員の叱り方を探っています。

「叱ることの意味」

「叱る」と「怒る」は似ているようで違います。

企業でも家庭でも、してはいけないのは「怒る」ことです。「怒る」のは、自己中心のただ単なる感情の現れです。これに対して「叱る」ことは、自己中心でない目的があります。

「叱る」と言いながら、そこに自己があるときは「怒り」でしかなく、相手に「恨み」や「憎しみ」を植え付けるだけです。

経営者で「叱る」名人の代表格は、松下幸之助さんと本田宗一郎さんです。この二人がもっとも結果的に見て効果的な「叱る」ことができた人です。

この二人の「叱り方」は性格を反映してか少し趣が違います。共通しているのは、「叱り」はじめたら烈火のごとく激しく迫力があったということと、「叱る」ということの根底に納得できる「価値観」があるということです。

私心でない「価値観」がなければ「叱る」は「怒り」です。

松下幸之助さんの「叱る」

松下幸之助さんは、やはり理性の人です。

有名な話に、何かの公演の時に中小企業の経営者の「いくら頑張っても利益が上がらない」と問いかけに「あなたは血の小便を出るくらい努力しています」かという返事をしています。松下幸之助さんはとことん考える人です。

とは言いながら、叱る時の言葉遣いは結構きたなかったらしいのです。

自転車のライトの改良がなされず、10年前と全く変わっていないことが分かり「それは私がつくったやつや、新しいのが出来てないとは何事や」「この給料泥棒」と激しい剣幕で怒ったそうです。

しかし、「叱る」効果を考えています。大きなチャレンジを失敗して、大きな損失を出したとき、前向きで真剣に取り組んだ結果であれば、失敗した本人が一番その結果を深刻に受け止めているので、

「本人がその結果をもっともよく知っているのだから、わたしはあえて強く追及しなかった」と言っています。褒めはしないが、労ったりもしたようです。

叱るのは人前で「叱る」場合と、席をかえて一対一で「叱る」使い分けもしているようです。

本田宗一郎さんの「叱る」

本田宗一郎さんは感情の豊富な直情の人です。

こと技術のことになると、気に入らないとハンマーが飛んでくるのは日常茶飯事のことであったらしい。“人命にかかわることであること”に関し、また“最高の技術”に関しては落ち度があると、瞬間的に烈火のごとく「叱り」はじめます。

しかし、もともと陽性の人で人一倍気づかいの人だから、一晩たったらすぐに「ちょっと、怒りすぎたかなあ」と反省すると、本人の本のなかに書かかれています。

翌日は、なんとなく照れもあり、謝らないけれどそれとなく冗談をいったりして場を取り繕ったようです。

本田さん自身も、「私の気持ちはなんとなく分かってもらえていたのではないかなあ」ともらされています。社員の人も、その照れと気遣いが感じられたとも述べられています。

本田さんは「叱る」ときの効果は考えていません。ただ「叱る」ことには一貫性があります。松下さんについても同じことが言えます。

「叱り」のフォロー上手

二人とも根底にある考えの本質は同じであるものの、そこにはやはり少し違った味わいがあります。とはいうものの「叱る」のフォロー上手です。

松下さんは、「松下電器は電気器具をつくる会社である。しかし併せて人をつくる会社である」と明言しています。松下さんの思いは「いかに人創るか」につきます。

「叱責」の場で、社員に「君に叱責するのはこれからもがんばってほしいから言うのだが、君が納得していないのなら言わない」と言ったともいわれています。

また、大叱責をしたその日に叱責した社員の奥さんに、「今日は、ご主人に叱責したから落ち込んでいると思うが、会社にとって大事な人だからそうしたので、今晩はおいしいご馳走でもつくって」と言って気遣ったという話もあります。

本田さんは心配りの達人です。中古の工場を手に入れたとき、真っ先にやったのがその時分はめずらしかった「水洗トイレ」の設置です。社員に対する気遣いは人一倍で、自分を茶化すことも多かった人です。本田さんは「人好きな心」を持っていたようです。

NHKの知恵泉で出ていたエピソードで、なにかのことで大叱責をした後で海外へ出張し、ふとその社員が体調が悪そうであったことを思い出し、わざわざ「電報」を送って気遣った。

本田さんは純粋で直情な面もあったようですが、それ故に人一倍細やかな心使いのできる人だったようです。

「叱る」という行為に「私心」がなく誰もが納得し、その後「私心」なく気遣いを受けたとき、「この人に、何があってもついて行こう」という想いが生まれるのだと思います。二人の中に共通するのは「公」と「私」との違いを知っているということです。

「叱る」の中の「価値観」と「企業文化」の浸透

「叱る」という行為は、強烈な意思表示です。

「私心」のない「公」から発した「叱り」は強烈な経営者の「価値観」の表明です。松下さんは、あえて多くの社員のいる「公」の場で叱ることも結構あったようです。これは松下さんの経営者としてのメッセージです。

これに対して本田さんは、本田さんの「価値観」に反することがあると瞬間的に怒りを発したようです。

これらの強烈な「叱る」の「価値観」にかかわる行為とメッセージは、社員にとって、「何が大事」かを直接的に感情のレベルまで強く伝えます。

私心があれば、それはマイナスの風土を形成します。公の立場から発せられる「叱る」の波動は、企業の強みの根幹になる首尾一貫した「価値観」の習慣、「企業文化」となり、全社員の無意識レベルの「考え方」や「行動」となり企業を成長に導きます。

「叱る」は叱るべき時は、私心なく「叱れる」ことが大切です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス