出典 http://livedoor.blogimg.jp

記事提供: 秒刊SUNDAY

北アメリカ南部に位置するメキシコは、多数の古代遺跡を擁するエリアである。ケツァルコアトル神殿・ジャガーの宮殿などの建築物は、考古学的価値の高さから観光スポットとして世界的な人気を誇っている。

そんなメキシコで新たなピラミッドが発見され、関係者の間で大いに話題になっている。その規模は世界遺産に登録されているテオティワカンの太陽のピラミッド(高さ65m)より大きく、メキシコで発見されたピラミッドの中では過去最大だという。

未知のピラミッドが初めて発掘されたのは2010年頃のことだ。ここ数年の調査により、関係者の予想を遥かに上回る驚くべき全容が明らかになった。

全高はおよそ75m。グアテマラにあるマヤ文明のエル・ミラドール遺跡に匹敵するクラスであり、約1700年前に建てられたものと見られている。

ピラミッドは7階層に分かれており、それぞれのエリアが住居・寺院・宮殿など独自の役割を担っていたという。

政治的・宗教的要素を兼ね備えた特異な構造は他のピラミッドには見られない特徴であり、考古学者たちは大いに関心を寄せている。

「当初は単なる丘だと思われていましたが、最近の研究により古代人の手によって作られたピラミッドであることが分かりました。しかもプレ・ヒスパニック期に建てられたものとは思えないほど完成度が高く、我々は本当に驚いています。」

ちなみに、メキシコシティ北東部にあるテオティワカンは、全盛期には20万人以上もの人々が生活していた巨大都市である。

マヤとの交流もあり、太陽の軌道を正確に把握するほどの優れた文明を誇っていたという。

滅びた原因には諸説あるが、いまだに明確な答えは出ていない。今後メキシコでどのような遺跡が発見されるのか、実に楽しみな話である。

―海外の反応

・すごいな!実に興味深いニュースだよ!
・なんでこんなに巨大なピラミッドが今まで発見されなかったんだ?
・征服者がほったらかしにしているうちに、ジャングルの木が生い茂ったんだろうよ。
・ジャングル奥地の巨大ピラミッドか…。神秘的だね。
・メキシコのジャングルには、未知の遺物がもっとたくさん眠ってるはずだよ。時間と金がかかるから発掘は容易じゃないけどね。
・高さ75mか…。ギザのピラミッドに比べたら大したことないな。
・きっと宇宙人が作ったピラミッドに違いない。
・ところで、このピラミッドはどこにあるんだ?Googleマップで見られないかな。
・公開されたら、是非見に行きたいね。
・同感だよ。最高の観光旅行になると思うね。

出典:reddit

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス