最近増えている子どもを狙った犯罪…親御さんとしても心配ですよね。

子どもが男子であろうと、女子であろうと、暴行目的で誘拐されるケースもあることを考えると、GPSや防犯グッズが欠かせないご時世になりつつあるのかもしれません。

そこで今回は、子どもに持たせておきたい防犯グッズを紹介したいと思います。

1. 防犯ブザー

出典 http://kumadigital.livedoor.biz

一番手軽なのは防犯ブザーです。最近のランドセルには、防犯ブザーを付けるフックも付いています。

ブザーも、従来のように地味なものばかりではなく、子ども向けのキャラクターが使われたものも販売されていますので、お子さんに選んでもらってもいいかもしれません。

2. ステッカー

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

「防犯ブザーを持ってますよ」というステッカーをランドセルに貼る学校も存在します。

せっかくのランドセルに貼るのは、かわいそうな気もするのですが…犯罪抑止のためには致し方ないのかも。

3. ココセコム

出典 http://www.855756.com

ボタンを押すだけで、セコムが現場に駆けつけてくれたり、子どもがどこにいるかGPSで分かるという優れもの。

お子さんの防犯対策だけではなく、高齢者の防犯、車やバイクの盗難防止にも使えます。

4. キッズケータイ

出典 http://www.softbank.jp

大手携帯電話会社各社から販売されている「キッズケータイ」も、防犯に役立つ機能満載でした。

ソフトバンクの「みまもりケータイ」の機能から見てみましょう。

出典 http://www.softbank.jp

防犯ブザーを起動させると、大音量が鳴ると共に家族へ居場所を通知!通話先は限定されますが、電話もかけることが出来ます。

auとNTTドコモは、さらにこんな機能が付いていました。

セコムの駆けつけサービスに対応

出典 http://www.au.kddi.com

前述のココセコムの機能がケータイに搭載されている、auのキッズケータイ「mamorino3」は、日本PTA全国協議会の推薦アイテムにもなっています。

こちらも防犯ブザーを起動させると、セコムのセンターに繋がり保護者にも連絡が来るようになっています。

さらにGPS機能が充実している点も見逃せません。

登下校や習い事など、気になる時間をあらかじめ指定しておけば、自動的に居場所を確認してお知らせします。

出典 http://www.au.kddi.com

ちゃんと習い事に行っているか、帰路についているかも確認することができます。便利ですが、万が一サボったらすぐバレますから、良い子は正直に行き先を告げましょう笑。

遊んでいる場所だけではなく、環境まで分かる

出典 https://www.nttdocomo.co.jp

ケータイは持たせたくないけど、GPSは必要…そんなニーズにピッタリなのがNTTドコモの「ドコッチ」。

時計の形をしていますが、れっきとしたGPSです。

内蔵センサーで計測した「運動している」「休んでいる」などのお子さまの活動状態や周囲の温度・湿度を、パパ・ママのスマホから見られます。

出典 http://docotch.idc.nttdocomo.co.jp

子どもの活動状況だけではなく、周辺の環境(温度や湿度)なども分かり熱中症になりやすい状態などのアドバイスも受け取ることができます。

近場の公園で遊んでいる場合、飲み物を届けることも出来そうですね。

子どもが犯罪に巻き込まれることは避けたいですが、常に親御さんが同行するというのも物理的に難しいですし、お子さんの自立心を育てるという側面でも、こうした防犯グッズの活用は避けて通れません。

万が一のために、どういう行動を取るかというのは家庭内でルールを決めておきたいですね。

この記事を書いたユーザー

週休二日制 このユーザーの他の記事を見る

動物が大好き。会社員であり、流浪のライターとしても活動。
興味を持ったことを色々書いてみます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス