暑い日々が続く夏、外出時には冷たい飲み物が欠かせません。ペットボトルは軽くて持ち運びが良いですが、中身がすぐぬるくなってしまいます。カチカチに凍らせてしまうとなかなか溶けずすぐ飲めません。ツイッターで話題になっている冷ペットボトル作成法!「ずっと冷たい」と「すぐ飲める」を両立する方法が話題を集めています。

作り方は
1、3本のペットボトルを用意。
2、1本空にし、もう1本を冷蔵庫で冷やします。
3、空にしたペットボトルに、残った1本の中身を半分注ぎます。
4、半分ずつ中身が入った2本のを、斜めに置いて冷凍庫で凍らせます。
5、凍らせたペットボトル2本に、冷蔵庫で冷やしておいた水を注ぎます。

斜めに凍らせる理由は、液体と接触する面積を増やし、より解凍されやすいシャーベット状のペットボトルが出来るんです。

ネットの反応は?

・中学生の時に知りたかった
・夏コミに持参してすごく助かった
・我が家の部活少年達にも教えてやらねば
・目から鱗
・これ、夏の野球観戦にも役立つかも。
・夏のアウトドアでも利用出来そう。今度作って持って行ってみよう…
 屋外イベントにも最適!凄い!
・なるほど!!ただ凍らせるだけじゃないいんだ!
・これはいい

いかがでしたか?この夏、フェスや野外イベント、スポーツなどで、冷たい飲み物を持参したいと思っている方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

☆ラララ☆ このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナ公式ライターの☆ラララ☆です。しまむらやプチプラの記事を中心に執筆してます。Twitter、Facebookでのシェア大歓迎!!拡散お願いします♪
インスタグラム  https://www.instagram.com/lalalala921/

得意ジャンル
  • インテリア
  • 話題
  • インターネット
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス