日本でイチゴ狩りのシーズンというと一般的には5月ぐらいまでですが、筆者が住むアメリカでは初夏から夏にかけてが旬で、農家さんから「イチゴ狩り出来ますよ〜」と連絡が届くと、ああ夏になるんだなあと思います。

チェーン店やファストフード店でも夏限定で、ランチならそれ一品で十分なボリュームのサラダを出しています。

たとえばこちらは全米チェーンのカフェベーカリー、パネラブレッドストロベリー・ポピーシード・チキンサラダ

そしてこちらはバーガーチェーンのウエンディーズのストロベリー・フィールズ・チキンサラダです。

こちらでは低炭水化物ダイエットをしている人も多いので、チキンやカリカリベーコンがシッカリ入ったおかずサラダになっています。でもイチゴを主役にしたい場合は入れないほうがサッパリして美味しいですよね。

ササッと出来て葉もの野菜の緑とのコントラストが美しい、食卓を華やかにしてくれるサラダのレシピを集めてみました。

まずご紹介するのは、イチゴやブドウとモッツァレラチーズとの相性が抜群なレシピ。

1. 苺とベビーリーフとモッツァレラのサラダ

出典 http://cookpad.com

材料(2人分)
モッツァレラチーズ 1パック
パック苺 2個くらい(お好みで)
赤紫のぶどう(スカーレットロイヤル) 適量
ベビーリーフ 1パック(小)
フライドオニオン(市販品) 適量
サラダ油 大さじ1
白ワインビネガー 大さじ2分の1
砂糖 適量
塩 適量
粗引き黒胡椒 適量


1.
ドレッシングを作ります。サラダ油とワインビネガーをしっかりかくはんさせます。砂糖・塩・胡椒で、味を整えます。
2. お皿に1のドレッシングを敷きます。中央に、モッツァレラチーズを置き、食材を回りに配置したら、完成です。

コツ・ポイント
・白ワインビネガーがない場合は、レモン汁で調整しても可能です。
・フライドオニオンはあったほうがよりおいしいです。

続いては、温める事でドレッシングのバルサミコ酢がまろやかになるレシピ。一手間かけるのには意味があるなあと思いました。

2. おもてなしにも☆イチゴのサラダ☆

出典 http://cookpad.com

材料(2人分)
お好きなグリーン(サラダ菜、レタス、スプラウト、サラダホウレンソウなど) 大きく2つかみくらい
イチゴ サイズによって5~8個
バルサミコ酢 大さじ1.5〜2
砂糖 小さじ1
サラダ油 小さじ1


1. お皿にお好みのグリーン(我が家はサラダ菜、サラダスピナッチ、スプラウト、ルッコラなど)とスライスしたイチゴを盛り付ける。
2. 小さいフライパンか鍋にバルサミコ酢とお砂糖、サラダ油を入れ、弱火にかける。
3. 砂糖が溶けたら火から降ろし、粗熱をとる。
4. ①のサラダに③のドレッシングをかけて出来上がり☆

コツ・ポイント
バルサミコとお砂糖を日にかける時、焦げ付かないように注意して下さい。

次は、このところ日本でも手に入るようになったルバーブを使ったサラダです。昔からルバーブとイチゴは一緒にパイに作ったりして、相性は抜群。繊維質が豊富で身体が中から綺麗になり、美容にいいと言われています。

ただ、調べましたら漢方では子宮を収縮する作用があると言われているそうで、妊娠中や産後は摂らない方がいいそうです。また母乳育児の場合は成分が乳に混じって赤ちゃんが下痢する事もあるということですので、抜いた方がよさそうです。

3. ルバーブと苺と胡桃のバルサミサラダ

出典 http://cookpad.com

材料(4人分)
ルバーブ 2本(200g)
グラニュー糖 大さじ2
ハチミツ 大さじ2
苺 8個
胡桃 1/4カップ~
ゴートチーズ/フェタチーズ 1/4カップ~
リーフミックス 適宜

ドレッシング
バルサミコ酢 大さじ2
米酢 大さじ1
オリーブ油 大さじ1
ハチミツ 大さじ1
塩 小さじ1/8弱
こしょう 少々

1. リーフは洗って水に浸しシャキッとしたらザルに上げしっかりと水気を取り冷やしておく。苺は縦に1/6に切る。
2. ルバーブは1.5cm位にザクザクと切る。グラニュー糖をまぶして20分程おいておく。フライパンに薄~くオイルをひく。
3. 弱中火で温め、ルバーブを入れたら2~3分は動かさずにおく。ハチミツを廻しかけフライパンを揺すって手早く全体に絡める。
4. 小皿に移して冷ましておく。器にリーフを広げルバーブ、苺、小さく砕いたチーズと胡桃を散らしドレッシングを廻しかけて頂きます

コツ・ポイント
*ルバーブは火を加え過ぎるとトロトロになってしまいます。

4番目はこちらもスーパーフード、アボカドの登場です。この組み合わせは意外でしたが、すごく合うので驚きました。うちではゆずジャムが手に入らないので、オレンジマーマレードにゆずジュースを混ぜて代用しましたが、ぜひゆずジャムでやってみたいです。こちらのレシピは「めざましテレビ」で紹介されたこともあるそうです。納得!

4. 春サラダ✿アボと苺๑柚子ジャムドレ

出典 http://cookpad.com

材料
アボカド 1個
苺 60gくらい

柚子ジャムドレッシング
柚子ジャム(マーマレード) 大さじ2
ひまわりオイル(お好きなオイルでも) 大さじ2
ワインビネガーまたは酢 小さじ1
塩 小さじ1/4
ブラックペッパー 少々

1. ボウルにドレッシングの材料を入れ、良く混ぜておく。ジャムによって甘さが違うので、酢や塩の量は味見して加減して下さい。
2. アボカドは皮を剥き、1.5cm角くらいに切り、切ったらすぐにドレッシングと和える。こうすると変色しない。
3. 苺もアボカドと同じ大きさに切り、和える。出来上がり~♪
4. 色鮮やかでテーブルが華やかになります。お祝いやパーティーに是非!

コツ・ポイント
・アボカドは切ったらすぐにドレッシングと和えれば、翌日も変色せず綺麗な色です。

最後は、本当にイチゴを味わうためのサラダです。胡椒の風味が効いていて、ビックリする美味しさでした。

5. いちご・バジル・コショウの春色サラダ

出典 http://cookpad.com

材料(2人分)
苺 100g
バジル 一掴み
胡椒 適量
バルサミコ酢(無くても良い) 適量
オリーブオイル(無くても良い) 大さじ1


1. 苺を洗ってスライスします。バジルは、出来るだけ細く刻みます。
2. 苺とバジルをお皿に盛り付けコショウを振りかけます。バジルを飾って出来上がり。
3. お好みでバルサミコ酢をかけても美味しいです。

コツ・ポイント
コショウは、挽きたてのモノを多めに掛けるのがコツです。メイン料理の付け合わせとしてもおすすめです。色鮮やかなディッシュに変身します。

おまけ・我が家でササッと作ったサラダ

出典Photo by Eko

先日のことですが、たまたまサラダ用のほうれん草を消費しなければならなかったので作ったサラダです。

イチゴ、紫タマネギのスライスにみじん切りのクルミを加え、ゴルゴンゾーラチーズをトッピングしました。ドレッシングはリンゴ酢とオリーブオイル、塩胡椒で適当に作ったもの。サッパリと頂けました。ブルーベリーがあったら入れるともっと清々しく色鮮やかになります。

バルサミコ酢を使うレシピが多いようですが、果実酢を使ってもクセが無くフルーティーで美味しいと思います。あと、あまり甘くないイチゴでもそれなりに美味しくなるのが嬉しいところ。フルーツサラダではなくグリーンサラダに入っている=半分野菜感覚で勘違いしてしまうんでしょうか。

露地物を問わなければ年中手に入りますし、暑い夏をビタミンC豊富なイチゴで頑張って乗り切りたいですね!

この記事を書いたユーザー

Eko このユーザーの他の記事を見る

米シアトル在住、「地球の歩き方」特派員です。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/seattle/
新記事をアップするとツイッターでつぶやきます。
https://twitter.com/EkoNay7789
たくさんのステキを共有できたらと思っています。気に入った記事がありましたらぜひ教えて下さい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス