まるで画像加工ソフトで色付けしたかのような…美しすぎるこの川。これは南米コロンビアにある国立自然公園「シエラ・デ・ラ・マカレナ」の中にある『キャノ・クリスタレス』という川でして…

『虹が溶けた川』、『楽園から逃げてきた川』とも称される、世界で一番美しい川になります。

乾季と雨季の狭間である9月~11月の間。ほんの2~3週間だけ現れるというこの美しい姿。水位の低下で、水温が温められることから生じるもので、川底のコケや藻類の爆発的な成長によって引き起こされるという美しき虹色リバー。では、まるで桃源郷のような『キャノ・クリスタレス』一挙にご覧下さい!

元々、この『キャノ・クリスタレス』。観光客によって、環境が破壊される事を恐れた政府が、数年前まで立ち入りを禁止していた場所。しかも、ゲリラ活動が頻繁に行われていた地域であった為、長らく隔離されていたようですが、2009年に公園を開放した事により、一般の観光客達も、この絶景を目にする事が出来るようになりました。

なお、現在も、最寄りのラ・マカリーナ空港は、銃を持った兵士等、ものものしい雰囲気はあるものの、観光客は年々増加しているとのことです。

あらゆる条件が揃わないと、目にすることのできない幻の景色。興味を持った方は虹が溶けた川『キャノ・クリスタレス』。足を運んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス