ザトウクジラが見せる『バブルネットフィーディング』と呼ばれる独特の採餌方法。これは、魚の群れの下を、泡を吐き出しながら螺旋状に旋回し、円柱状の泡の壁を作りながら群れを追い詰め、大きな口を開けて上昇、一気に大量の魚を捕食するという…仲間と助け合って餌を捕食する、自然界でも非常に珍しい採餌方法なのですが…

そんな滅多に見る事が出来ない、超貴重な『バブルネットフィーディング』。これを目の前で撮影した奇跡の動画。これが現在、世界中で話題となっています。

釣りをしていた二人の男性。ただならぬ気配に、海を見つめていたところ…

突然、船の左舷前方で泡が立ち込めたかと思うと…

次の瞬間!

一気に海面に現れた数十頭のザトウクジラ。

これは凄い!

思わず男性…

『Oh!My!God!』

と叫んでしまっていますが…

撮影が至難の業と言われている『バブルネットフィーディング』を、まさか、この距離で撮影する事になるとは…。これには男性も、驚きを隠せません。

ザトウクジラの急上昇&体当たりにによって気絶した小魚を捕食するカモメ達。

では、ナショナルジオグラフィックのスタッフ達も思わず嫉妬しそうな…驚愕の動画。ご覧下さい!

出典 YouTube

スゲェェ(゚Д゚)ェェエエ!!!

ちなみに、この『バブルネットフィーディング』。イッテQの『オーシャンズ金子』シリーズでも紹介されていましたが、NHKですら1ヶ月以上現地に留まり、ザトウクジラを追いかけ続けたと言われるほど、撮影が難しい貴重すぎる現象。そんなプロでも、滅多に撮影出来ない『バブルネットフィーディング』を、こんな至近距離で撮影してしまうとは…

釣り人二人にとっては、一生忘れられない出来事となったことでしょうね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス