2007年に初めてカメラを手にして以来、世界中で数々の賞を受賞し、今やナショナル・ジオグラフィックやヴォーグ、アップルその他メディアで活躍中のオーストラリア在住の写真家、レイ・コリンズさん

カメラを手にしたきっかけは、膝の怪我で海へ入れない時に友人のサーフィン姿を撮影しようと思った事だったそうです。

どんなに荒れていても、どんなに冷たくても海の中にいるときの方が我が家にいる気がするというレイさんは水と光の織りなす彩に魅了され続けています。水とは思えない不思議な質感と色彩の妙を、いくつか選んでみました。

1. 水と光

出典 https://www.facebook.com

2. 爪

出典 https://www.facebook.com

3. トライアングル

出典 https://www.facebook.com

4. 無題

出典 https://www.facebook.com

5. これが見たくて僕らは波に乗るんだ

出典 https://www.facebook.com

6. 無題

出典 https://www.facebook.com

7. ハロー!

出典 https://www.facebook.com

8. 石の壁

出典 https://www.facebook.com

9. 海の怪物

出典 https://www.facebook.com

10. 無題

出典 https://www.facebook.com

11. お気に入りの光

出典 https://www.facebook.com

12. 自然は時にクレイジーなことをする

出典 https://www.facebook.com

13. ガラスの彫刻

出典 https://www.facebook.com

14. 海を愛してる

出典 https://scontent.fsnc1-1.fna.fbcdn.net

レイさんは最初の数年はサーフィン写真を中心に活動していましたが、今は波を中心に撮影をしているそうです。時にはイメージ通りの波を待って何日も海につかっている事もあるとか。

ここに載せられなかった素晴らしい写真の数々は、彼のホームページ、またはフェイスブックで見る事が出来ます。惹き込まれ、文字通り心が洗われるような気がする作品群です。

この記事を書いたユーザー

Eko このユーザーの他の記事を見る

米シアトル在住、「地球の歩き方」特派員です。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/seattle/
新記事をアップするとツイッターでつぶやきます。
https://twitter.com/EkoNay7789
たくさんのステキを共有できたらと思っています。気に入った記事がありましたらぜひ教えて下さい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス