夏のいやーな害虫である「蚊」。そんな蚊をやっつけてくれる定番アイテムといえば、蚊取り線香です。あのぐるぐる型が特徴的な蚊取り線香ですが、あの形には実はちゃんとした理由がありました。

昔はうずまき型ではなかった

出典 http://yamada.sailog.jp

発売された当時、蚊は煙などで追い払うしかなく、駆除剤の開発は熱望されていたいました。キンチョーの創業者でもある上山英一郎さんによる試行錯誤の結果、ノミ取り粉を火鉢にくべたところ効果があったことから『燃やすことで蚊を退治できる』と確信。

しかし、蚊の発生する夏に火鉢では暑すぎると考え、仏壇線香にヒントを得て1890年、世界初の“棒状蚊取り線香”を発売しました。

しかし大きな課題が…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

長さ約20センチの棒状ゆえ、燃焼時間が40分程度しかない。睡眠中ずっと蚊から身を守るためには、長時間化が課題となった

出典 http://www.nikkan-gendai.com

1時間も持たないのでは、寝ている時の利用は難しい…

アレを見た奥さんによるアドバイスが今の形を作った

長い線香をコンパクトに収めるにはどうしたらいいかと思考を巡らせるうち、妻のアドバイスで渦巻きにすることを発案。1902年、ついに世界初の“渦巻き型蚊取り線香”が誕生した

出典 http://www.nikkan-gendai.com

棒状線香発明から5年後。創業者である上山英一郎氏に、妻のゆきさんが、庭で蛇がとぐろを巻いているのを見て「あなた、これよ」とアドバイス。これが現在の渦巻き型へのヒントになった

出典 http://joshi-spa.jp

出典 http://www.gettyimages.co.jp

言われてみれば蛇っぽいです

継続時間だけではない「うずまき型」のメリット

棒状では衝撃に弱く、渦巻型にすると円弧状なので四方からの衝撃に耐えやすくなる。立てなくて良いので、倒れた時の被害(火災など)の危険性も少なくなり、火災防止のための下の受け皿も小さくて済むなど、渦巻状は棒状に比べて利点が多い

出典 http://mame-chishiki.lance3.net

確かに棒状が折れたら大変です

サイズもちゃんと計算されている

蚊取り線香は1時間で10cmほど燃え、夜に活動する蚊に対しては、眠りに就いてから明け方まで燃える蚊取り線香が必要。そのため、70cmは要ることになる。

出典 http://www.jp001.net

蚊取り線香の渦巻きを伸ばした場合の長さは75cmのようで、日本人の平均睡眠時間の7時間に合わせて作られている。

出典 http://mezasou.com

少し長めの90cmサイズも売っているようです

最初に作ったキンチョーにあるこだわり

その後、各社がうずまき型の蚊取り線香を開発することになりますが、実は最初に作ったキンチョーだけがこだわる秘密があります。それは「キンチョーの蚊取り線香だけは左巻き(=中央から時計回りと逆方向に巻く)だということ。

1957年の機械化の際には、競合他社の逆をいく“左巻き”を採用し、差別化に成功した。

出典 http://www.nikkan-gendai.com

「手巻きで作るときは、右利きの人が手早く回しやすい右巻きでした。その後、1957年頃に機械で打ち抜くようになったとき、他社さんとの差別化のため左巻きにしたんです」

出典 http://joshi-spa.jp

一番最初のこのうずまき型を世に出したという自負があるからこそのこだわりですね。

今では海外でも広がっています

出典 http://sow.blog.jp

簡単に使えて効果があるため今では世界中で製造され、使われています。既に日本の夏を象徴するだけの商品ではないんですね。

これから暑くなりより蚊が増えてきます。去年はデング熱なども話題になりましたし、偉大な発明品である蚊取り線香を使ってどうにか夏を乗り切りましょう!

この記事を書いたユーザー

ももかん このユーザーの他の記事を見る

なるべく波風立てないように生きる事が信条の30代(♂)です。軽い気持ちで読める記事を心がけたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • インターネット
  • 暮らし
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス