今回は、不思議な体験でも何処か温かくなる、親の愛を感じる自分の体験です。
怖い話は苦手でも、ちょっといい話として読んで頂けると嬉しいですね!

父の忘れ物

これは、当時姉妹で体験したことです。

父が亡くなり、葬儀場の日程などの関係から、葬儀までの間が4日間程ありました。火葬も出来ず、その間父は自宅で安置していた訳ですが、その間に私達姉妹には次々と頭にいろいろなことが浮かんで来ました。

姉は突然「ほうれん草」という言葉が浮かんで仕方ないと言い、思い立って徒歩数分の畑へ行ってみることにしました。
すると、食べごろのほうれん草が見事に育っていたのです。

そこは、両親が離れの土地に作っていた家庭菜園。子供の頃から穫り立ての美味しい野菜を食べさせてくれた、愛情が詰まった畑です。
父は、最後にほうれん草を育てていたのです。

他にも、納棺の際に頭に入ってくる言葉のまま、父のお気に入りの帽子や愛用品の置き場所を発見しては一緒に棺に入れることが出来、姉妹で不思議な気分になりました。

さて、そしていよいよ荼毘(だび)にふされる日が来ました。
その日は、夜通し起きていて、明け方になってやっと他の親族に交替してもらい、姉と父のいる隣の部屋で仮眠を取り始めた時です。

コン、コン・・・・。

妙な音で二人同時に目を覚まします。
まるで、ピンポン玉を突いているような、乾いた軽い音が、家の中から聞こえてきたんですよ。

「何か音がしない?」
「うん。するする。」

自分の勘違いではないと、お互いが納得しながら、音の方を注意して聞いていました。
コン、コン・・・・。

音はどうも、父が寝ている部屋から聞こえてきます。
そして、廊下に移動したかと思うと、
ミシッ、ミシッ・・・・。

父が生前良く、子供達が帰省したり、孫が泊まりに来ては、嬉しそうに部屋を廻っていた時のような、廊下がきしむ音もするのです。
父が移動する時のような音と一緒にピンポン玉を打つような音も移動します。

音は、私達が寝ている部屋の前で止まりました。

「ここに、来たんじゃない?」
「うん!」

暫く止まったと思うと、また音は別の場所へ移動して行きました。
コン、コン、コン・・・・。
ミシ、ミシ・・・・。

私達はこの時点で、父が最後に、泊まりに来ている子供達や孫の寝顔を見て廻っていたんだと、嬉しくなりました。
「どれ、ここは誰が寝てるんだ?」
「お〜、〇〇はまだ寝てるなあ。随分、寝ぼすけだな(笑)ははは。」

父のそんな声が、聞こえてくるようでした。

そして一通り音は家を廻ると、玄関が開く音を最後に、止んだのです。

「行っちゃったんだね・・・」
「うん・・・。」

最後に、父が皆を見廻りながらお別れして行ったのだと、今も感じています。
そして、美味しいほうれん草を食べさせてくれたのだと・・・。

心のこり

これは、両親の知人の奥様が亡くなった時の話で、実は誰にも話したことがありません。

その奥様はやや遅い年齢で下のお子さんを生みました。
その際に少し体に無理をしたようで、病気勝ちになっていました。そして、そのお子さんがまだ1歳にならない頃に亡くなったのです。

家族ぐるみでお付き合いしていたのもあり、うちの両親は当時良く、そこの遺されたご主人やお子さんを心配して足を運んでいました。
私も良くそれで、一時そのお宅へ行く機会が増えていました。

実は今となっては、正直、実際に見たのか、そのお宅にいる設定で見た夢なのか、区別がついていないのですが、
知人宅の庭先で私は一人、両親が出て来るのを待っているんです。恐らく、ちょっとした物をお裾分けに行ったようです。

「まだかなあ・・」

そんな感じで、そのお宅の方に目をやった時、私は一瞬凍り付きました。
そこの奥様が家の廻りをうろうろしているのが見えたんです。
良く見ると、背中には下の、まだ歩けないそのお子さんをおんぶしているんですよ。

両親はまだ出て来ません。一人で怖くなり、気づかれないようにと思いながら見ていました。
すると、家の奥の一番端の部屋の外壁から、すーっと、消えるように入って行ったんです。
その部屋は、当時子供部屋でした。

今も、はっきり覚えている情景ですが、小さなお子さんを遺してしまって、心残りだったのだろうと、ずっと思ってきました。

その時のお子さんは、今は立派に成人されています。

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス