記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
日本では現在「新型水虫」なるものが感染者を増やしていることをご存知でしょうか。

「新型水虫」といわれているのは『トンズランス菌』という白癬菌です。南北アメリカやヨーロッパでは以前から感染被害を出していた菌ですが、2000年頃から日本国内でも感染者が目立ってきました。主に皮膚の接触により感染するため、擦り傷が出来がちで皮膚同士の接触が多い柔道やレスリングなどの格闘技をする人の間で集団感染が増えています。

■ 新型水虫の症状は?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

顔、首、その他上半身の部位に感染した場合、直径1~2cmの円形でカサカサしたピンク色の発疹を作ります。中央部が先に治癒するので、患部が環状に見えることもあり、かゆみはないことが多いです。

また、頭皮に感染した場合、発疹が出来た後ふやけたかさぶたになり、フケが多く見られるといった症状になることが多いです。さらに、悪化すると頭皮が盛り上がり、膿が出て脱毛に至ることもあります。

■ 治療は市販薬より皮膚科へ!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

市販薬でも直すことは出来ますが、完治の判断は難しいことが多いです。菌をまだ持っていても、症状が消えたからと薬をやめてしまい、知らないうちに大量に菌を散布してしまう場合も多いので注意が必要です。

場合によっては内服薬も必要になりますので、怪しいと思ったら初めから皮膚科でみてもらうことをおすすめします。

1. 身体をいつも清潔に保つ
お子さんがいる場合は中学校の武道義務化によって、柔道などが始まるので注意が必要です。練習直後にシャワーや入浴など、できるだけ早く頭や身体を石鹸で洗うことがベストですが、シャワーがない場合は、水で頭を洗浄、濡れたタオルで身体を清潔にしましょう。

2. 部屋は掃除機でよく掃除する

感染者が落とした垢は感染源になりますので、しっかり取り除きましょう。

3. タオルやマット、肌着をまめに洗う

衛生環境が悪いと、菌が繁殖しやすくなります。

4. タオルを共有しない

タオルの共有は感染を広めてしまいます。

5. 鏡で感染していないかチェック

鏡で全身を見て、斑点がないか確認しましょう。格闘技をしていて斑点が見つかった場合は、他者感染を防ぐ為、試合や練習を休まなければいけません。


Doctors Me 編集部おすすめコラム】

梅雨はうつになりやすい? 雨と心の関係
ツメがぼこぼこ…それって病気の兆候?
視力低下も?放っておけない逆さまつ毛
梅雨のトラブル、髪の毛のうねり対処法
お肌が不調…その原因は"顔ダニ"かも?

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス