皆さんは奥山由之という写真家をご存知でしょうか。今もっとも注目されている写真家と言っても過言ではない彼。実は“写ルンです”などフィルムカメラを使って雑誌、広告など幅広く活躍しています。今回は奥山さんがフィルムカメラを使う理由や、彼の素晴らしい作品たちをご紹介します。

◆ 写真家・奥山由之とは

奥山由之(おくやま・よしゆき)さんは1991年生まれの写真家。30代でも若手と言われる写真業界で、24歳ながらバリバリ活躍している写真家さんです。

出典 http://www.plancton.co.jp

「写真新世紀」優秀賞受賞作『Girl』より

大学に入ったタイミングで写真を始めたそうで、大学在学中だった2011年に写真公募展「写真新世紀」で優秀賞を受賞。現在は、雑誌や広告、CDジャケットからPVなどの映像作品まで幅広く仕事をされています。

出典 https://twitter.com

2012年にはくるりの全国ツアーに帯同し、その写真たちはアルバム『坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)』(2012年発売)のジャケットと、限定版同封の写真集に使用されました。

写真のことはよくわからんが、
この人が撮っているのは、
まぎれもなく「写真」であります。

若冠21歳の、誰もがなりたくてもなれない、
「磨かれた感性と普遍的な職人気質のクロスオーヴァー」。
必見です。

—— くるり 岸田 繁

出典 http://www.plancton.co.jp

2012年に開催された写真展『Girl』によせた、くるり岸田繁さんの言葉。

奥山さんは仕事でフィルムカメラを使っています。あの“写ルンです”を使うことも多いそう。デジタル全盛の今、すべてフィルムで撮影する写真家なんて非常に珍しいですよね。(おそらく日本に数人しかいないことでしょう…)

◆ なぜフィルムカメラを使うのか?

デジタルに求められていることが、表現というより、利便性のほうが大きい気がして。利便性が勝っている間はそっちにいけないですよね。一瞬一瞬が大事になる、焼き付ける行為の緊張感とか、月並みですが、目の前の空間に起こっていることに、ボクのすべてを注がないといけないですから。

デジタルだと、スタジオ撮影の時とか、みんなが集中するのって、被写体のいる空間ではなくて、確認用のモニターなんですよね。

出典 http://white-screen.jp

被写体のいる空間の一瞬一瞬に集中するために、デジタルカメラではなくフィルムカメラを使う理由のようです。デジタルだと、モニターを確認する度に被写体への集中力が途切れますからね…。

それはもう眼ですね。眼がカメラだったら最高です。強くまばたきしたらシャッター切れる、みたいな。(笑)

出典 http://ji-sedai.jp

1番欲しいカメラは「眼」とのこと。写真家なら誰しもが1度は思ったことがあるのではないでしょうか。

より直接的な表現に挑戦している今は、フィルムカメラの方が自分に向いている気がします。フィルムだと撮影によりお金がかかるし、現場で確認することもできない。使う側にしてみれば、すごく面倒だと思うけど、逆にそのことが自分に向かない仕事をフィルタリングしてくれているのかなとも思う

出典 http://www.honeyee.com

撮影中にこんなふうに走り回ることもあるようです。

写真を撮ろうという意識よりも、純粋に自分自身が同じように楽しんでいる、という事が大事なんだと思います。そうすると自然とシャッターを押してる。結果、撮り過ぎて予算オーバーになることも多々ありますけど……。(笑)

出典 http://ji-sedai.jp

自分自身が楽しんでいる、という言葉に納得!

◆ 奥山由之の素晴らしい作品たち

言葉で説明するよりも作品を見てもらったほうが早いので、奥山由之さんの作品たちをご紹介します。その視点、切り取り方などにハッとさせられることでしょう。

出典 https://www.facebook.com

雑誌「GINZA」2014年7月号

出典 https://www.facebook.com

「DODA」広告

出典 https://www.facebook.com

「i」2014AWカタログ

出典 https://www.instagram.com

雑誌「MUSICA」 山口一郎(サカナクション)

出典 http://www.okamotos.net

OKAMOTO'S(オカモトズ)

OKAMOTO'Sとは度々仕事をしていて、その仕事ぶりはメンバーも絶賛。ハマ・オカモトさんは昨年末に開催された奥山さんの写真展でトークショーにも参加しました。

出典 https://www.facebook.com

The SALOVERS 1stシングル「床には君のカーディガン」

出典 YouTube

The SALOVERS「シンセサイザー」PV

出典 https://www.facebook.com

雑誌「SPUR」2015年3月号

出典 http://www.amazon.co.jp

クリープハイプ 2ndアルバム『吹き零れる程のI、哀、愛』

出典 https://www.facebook.com

菊池亜希子ムック「マッシュ」vol.6

出典 https://twitter.com

雑誌「GINZA」2015年10月号

デジカメはより“きれいな写真”を撮れるようになっていってますが、このザラッとした独特の質感も素敵だと思いませんか?

奥山さんの写真が好きだという声は多く、彼の影響でフィルム写真に興味を持つ人も少なくありません。

◆ 2/7まで写真展「BACON ICE CREAM」開催中

現在、渋谷のパルコミュージアムで写真展「BACON ICE CREAM」が開催されています。今の奥山由之さんの全力を詰め込んだ写真展とのことで、多くの人が足を運んでいるようです。

始まってから10日以上経っていますが、Twitterには会場の写真とともに「良かった」という感想がたくさん。なんと撮影可能なんだそうです。筆者も必ず足を運ぶ予定です。

写真展と同名の写真集「BACON ICE CREAM」も発売中です。こちらも要チェック!

いかがでしたか?写真なんて興味ないよ、という方でも「なんかイイかも」と思っちゃったのではないでしょうか。これからも雑誌や広告で、奥山さんの写真を目にする機会は多いだろうと思います。写真展は2月7日(日)まで。時間を見つけて、ぜひ足を運んでみてくださいね。

こんな記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

satomiii このユーザーの他の記事を見る

プチプラ、100均、音楽、手作りが好きな主婦です。プチプラ情報は主にインスタグラムでチェックしています。以前は喫茶店のバイトで、きれいな焼き色のトーストを焼くこと、見た目がきれいなかき氷を作ること、レタスをシャキシャキに洗うことに全力を注いでいました。よろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス