肉・・・それはロマン。
肉・・・それはエネルギー。
肉・・・それはドリーム。

世間の人は知らないでしょうが「プロレススーパースター列伝」という漫画でアブドラ・ザ・ブッチャーが「血のしたたるビフテキ!」と言いながら相手にタックルをするシーンがありましたが、肉とは人種問わず愛される食べ物。

そんな肉を思い切り喰らいたい!でも、懐はさびしい。そんな方に安く肉肉しい料理を喰らえるお店をご紹介したいと思います。

「とんかつ」のみのや

先ずは東十条にある「みのや」さん。ここのお店はとんかつ定食が550円と激安です!激安なのに肉肉しいとんかつを食べられる懐も満足できるお店です!

出典 http://tabelog.com

見た目はこんな感じですが、

出典 http://tabelog.com

どん!

出典 http://tabelog.com

どどん!

どうですか?550円でこの肉肉しさ!でも肉肉しくても美味しくなければ意味がないのでお味はどうなのでしょう?

ロースかつ、ウマい!衣がカリカリの硬めで、中の肉は柔らかめで、イイ感じである。、スゴく丁寧に油切りもされている。下味のコショーもイイ働きをしている。甘めのソースと、あまり効かないカラシがまたよく合う。キャベツの千切りは軽めではあるが、ありがたくいただく。

それに、マカロニサラダ。マヨネーズ率の低い、ややもすれば水っぽい印象を受ける感じだが、サッパリ・アッサリめのマカサラだと思えば、カツの合間にちょうどイイ。そして、とん汁。コレがまたイイ。およそ「とん汁」というモノの具材をいろいろ思いめぐらせても絶対にこうはならないだろうという、豚肉とキャベツだけのとん汁。

コレは、とん汁ではなく味噌汁で、その白味噌の味噌汁の具材が豚肉とキャベツと言った方が伝わりやすい。事実、キチンと魚介系でダシをとっている味噌汁なのだから。

一体、何の文句があろうというのか?いや、何もない。何もないどころか、絶賛したい。不思議と重くなく、なおかつガッツリ食えて、この値段。まさに、絶賛に値する。

出典 http://tabelog.com

ボリューム満点の500円とんかつを食べに『みのや』へ。ここは学生時代、大変お世話になりました。

揚げたてのカツ・熱々の豚汁。大志を抱いてワンコインを握り締め、ガツガツ食べていたあの頃を思い出しました。

寒さも厳しくなってきましたが、今も変わらず庶民の味方でいてくれるこの店の姿勢が大好きです。

出典 http://retty.me

いかがでしたでしょう?行きたくなりましたか?
550円で食べられるとんかつの「みのや」さんの詳しい情報はこちらになります。

「ハンバーグ」のゴールドラッシュ

出典 http://tabelog.com

写真は渋谷にある本店になります。

とんかつでは肉肉しさが足りない!という方。お次はこちらの料理とお店になります。
ハンバーグです。こちらのお店はチェーン展開をしてるお店ですので、渋谷以外にも新宿に二店舗、池袋、原宿、八王子にもあります。肉肉しいハンバーグを出してくれてチーズが人気のお店です。

出典 http://tabelog.com

見た目はこうした感じです。

出典 http://tabelog.com

切るとこんな感じです。肉肉しいですねえ。

どうですか~?食べたくなってきたでしょう?行ってきた方はどんな感想だったのでしょう?

今回はチーズハンバーグをオーダー!

少し待つとアツアツの鉄板に、肉厚なハンバーグの上に濃厚なチーズが載って出てきました!熱でトロトロになったチーズとハンバーグの相性は抜群で久しぶりに童心に帰って肉を食べました!!

付け合わせのグリンピースやコーンも胡椒が効いてて大満足な内容でした。

出典 http://tabelog.com

焦げたソースがたまらない~(*≧∀≦*)

言わずと知れた渋谷のハンバーグ屋さん
ガッツリ系の大味ハンバーグなのに無性に食べたくなるお店です

出典 http://retty.me

行きたくなりましたか?このお店はランチは690円からでディナーは900円から。レディースセットもありますので女性も気軽に行けるでしょう。
「ゴールドラッシュ」さんの詳しい情報はこちらです。

「ハンバーグ」のランディ

お次もハンバーグになります。水道橋にある「ランディ」さんです。
こちらのお店のハンバーグはひき肉ではなくステーキ用のお肉を細切りにしたというハンバーグになります!肉肉しさへの期待が高まります!

出典 http://tabelog.com

見た目だけで期待が高まります!

出典 http://tabelog.com

この細切れ肉の肉肉しさ!たまりませんでしょ?
細切れにしたハンバーグは一体どんなお味なのでしょう?

見た目は何の変哲もないハンバーグですが、ナイフで割ってみると違います。挽肉とは明らかに違って、牛肉片が塊になった印象ですね。歯応えがあって珍しいと思います。ただし、嬉しい誤算としては肉汁が多いことです。まるで豚肉を使用したハンバーグのように肉汁が多いのです。

出典 http://tabelog.com

挽き肉ではなく細切り肉を纏めているので、ステーキのような肉々しさ(゚д゚)ウマー

出典 http://retty.me

どうでしたか?この肉肉しいハンバーグは川添シェフも絶賛したハンバーグだそうです。この肉肉しいハンバーグのお店「ランディ」の詳しい情報は

「牛かつ」のおか田

次はサラリーマンの街としてお馴染みの新橋から肉肉しい食べ物「牛かつ」のご紹介!
とんかつだけでも肉肉しいのに牛のかつなんて肉肉しいことうけ合いです!

出典 http://tabelog.com

ミディアムレアですよ!ミディアムレアの牛かつなんてこれはもう肉肉しいとしかいえません!この牛かつが定食で1350円!
この気になるミディアムレアの牛かつはどんな味なんでしょうか?

皿の上に一枚の牛かつが10切れ程度にカットされています。断面を見ると、このスタイルならでは、肉の赤身が残ったレアな感じ?

皿の端には山葵とキャベツ、きゅうり、トマトなどの野菜が添えられ、ご飯とみそ汁がついてます。相変わらずのビジュアル。

テーブルの上の特製ソースと醤油を小皿に入れ、山葵を牛かつ一切れの上に乗せます。サクッとした衣と肉の旨味、山葵のツーンとした風味が一体となって、牛かつならではの旨さ!

出典 http://tabelog.com

お久しぶりです、こんにちは((o(*゚ω゚*)o))
ご無沙汰の更新です!
最近なんだか
慌ただしくてネタを振り返れない日々でした…
今月後半はもっと忙しそうな予感(∩´﹏`∩)

いいですねえ。しかしここは人気店なのでお昼時は

行列のできるお店ですので行列を覚悟で行って下さい。行列のできるお店「おか田」の詳しい情報は下になります。

東京トンテキの「トンテキ」

牛が続いたのでお次は豚になります。肉肉しい料理は「トンテキ」になります。
「トンテキ」ってなんなのでしょう?

“トンテキ”とは豚のステーキのこと。
グローブ状にカットした厚切りの新鮮な豚肩ロースを良質なラードの中でじっくり火を通し、柔らかく焼きあげます。

出典 http://tokyotonteki.jp

そうです。豚のステーキです!
豚のステーキである「トンテキ」の肉肉しさは一体どんな具合なのでしょう?

牛にも負けない肉肉しさ!肉汁が食欲をそそります。
このトンテキはお味も牛には負けてませんので行ってきた方のレビューをご覧ください。

キャベツが多くて、それだけでお腹一杯になるほどです。ガーリックチップもたくさん添えられています。そして、厚切りです。

どの辺が、アレンジしたところなのかはよく分からなかったけど、美味しくてご飯も進みます。
キャベツやご飯の量も多いので、ランチで食べたら夕食はいらないかも ってぐらいの量です。

隣の女性二組も同じものを普通に食べていたので 今の女性は凄いなぁと思いました。

肉食系女子。恐るべし

出典 http://tabelog.com

お肉ですが、ナイフを入れると、ジューシーな感じ。柔らかいお肉で、脂もタップリ。ロース肉好きな私としては、堪らないお肉です。

これで200gとは、もっとある様な感じです。ちなみに300gの大トンテキは¥1,200、500gの特大トンテキは¥2,200です。通常のトンテキから+100gで¥200Up、さらに+200gデ¥1,000Up,何か違和感のある価格設定です。

出典 http://tabelog.com

超看板メニューでもある「トンテキ」は肉の歯ごたえ、柔らかさ、こってりソースの中毒性が抜群に相性がよく、ご飯がよく進む。価格も1000円ちょうどで、死ぬほど満腹になれる。

出典 http://retty.me

札幌と石垣島にもお店があります。
300gで1000円と、お財布には優しいけど量とお味は優しくない肉肉しいトンテキのお店「東京トンテキ」さんの詳しい情報はこちらになります。

「ステーキ」のキャロット

最後は肉肉しい料理といえば忘れてはならないステーキです!
ステーキのお店は西荻窪にある「キャロット」さんになります。名前はかわいいけど中身はワイルドなステーキをどうぞ!

どうですか?お客さん!まさに冒頭に書いた「血のしたたるビフテキ」とはこれのことをいいませんか?

このステーキは1380円からで、サーロインステーキとベーコン巻きステーキが1480円でライスとみそ汁がつくすぐれものです!

このステーキを体感した方からの感想をどうぞ!

ステーキは脂が弾ける熱々ジュウジュウ状態で運ばれて来ます。ライスは多め。箸はないのですが、味噌汁が付きます。また、別皿でニンニク醤油のソースがついてきます。ステーキはガッツリ男っぽい味でした。

塩、コショウ、肉汁ガツンとした固めのお肉にレモンとバター。ジューッとアツアツの鉄板の上で脂が飛び散る飛び散るっ。焼き加減はウェルダン(これだけジュウジュウならばそうですよね。)

更にニンニク醤油ダレも辛口。ごはんが進む進む。これぞB級グルメといった感じです。

出典 http://tabelog.com

ステーキ。ナイフとフォークでキコキコと切る。
おおっ、キレイな赤身! 硬さはなく、柔らかくも肉々しさを残し、いい感じの肉食ってる感で溢れている。小鉢のさっぱりしたステーキソースも合っているが、隣のハンバーグの肉汁と混じって焦げたソースを鉄板に押し付けるように絡めて食べるだけで十分。そしてやや焦げたガーリックチップがアクセントとなり、もう止まらない!

出典 http://tabelog.com

チーズハンバーグ、牛ランプステーキ、海老フライ、クリームコロッケの盛り合わせにライスお代わりで満腹デス。美味しかった、ごちそうさまでしたε-(´∀`; )

出典 http://retty.me

ステーキ以外にもハンバーグやコロッケにチキンもあります。
西荻窪では有名な「キャロット」さんの詳しい情報はこちらになります。

いかがでしたでしょうか?これから東京も梅雨が開けて蒸し暑くなってくるので食欲も減退気味になる人も出てくるでしょうが、こんな時こそ肉肉しい料理を食らって夏バテなど吹き飛ばしましょう!

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス