弊店では生ビールは扱いません。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

筆者の経営する店には生ビールがありません。

お客様には、着席されて「とりあえず生」とかメニューも見ないで言われてしまいますが、無いものは無いのです。

生ビールのメーカーの営業マンにも口説かれますが、置かないものは置かないのです。

どうして筆者は、自分の経営する店に生ビールを置かないのか、そして、筆者が他店で生ビールを頼みたくない時がある理由について書いていきます。

生ビールを否定しているわけではありませんし、コンディションのいい生ビールは本当に美味しいと思っています。その点の誤解無きよう宜しくどうぞ最後までお付き合いください。

何故そこまで頑固かというと、幾つかの理由があります。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

生ビールのサーバー(設備ですね)の設置にはそれなりの場所が必要になりますが、筆者の経営する店の場合、そんな場所があったら、洋楽バーなのでCD置き場にしたい…。

サーバーはメンテナンスに非常に時間が掛かります。美味しいビールを毎日お客様に提供したいと思うなら、毎日サーバーを分解して掃除するくらいの気概が必要です。それには毎日1時間くらいは閉店後の作業になるとも言われています。

生ビールは、専用の樽から出さなくてはならず、それも5リットルとか10リットルとかの単位でしか仕入れが出来ません。しかも鮮度の問題もあり、それを数日で売り切るというのは筆者の経営する店のキャパから考えると非常に困難なことであります。

本当は原価率が下がるなどのメリットもあるのは承知ですが、鮮度と清潔感を保つということでは非常に小規模な店舗の場合無理があります。

なので、筆者の経営する店では扱わないことにしています。

お店で呑むときも、店の清潔さなどを参考に呑むかどうかを決めます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

あと、今書いたことから分かると思いますが、特に小規模な店の生ビールは、衛生面や鮮度等で怖いと思う時があります。

店の外に生樽が沢山積んであるような店ならば、先ずは鮮度は心配ないと思いますが…。それでも、どれだけサーバーをマニュアル通り清潔に保っているかなど、100%の信頼は出来ない時もあります。

生を注文して、いつもよりビールの色が違うようなときや、何となく味に何か混ざった感じがあったりすると、とても不安になります。

筆者は、生ビールは、綺麗にしてそうなお店でのみ注文します。コンディションが良ければ生ビールは素晴らしい飲み物ですが、逆に悪いと最悪の呑み物になってしまいますから…。

マスター(ママ)一杯どう?の時にちょっと感じてしまうこと…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

個人店に伺って、「マスター(ママ)も一杯どう?」などと言って、店の人と呑みながら会話を楽しむようなシーンは良くあると思いますが、生ビールばかり呑んでいたら、きっと樽の消費期限が近いのかなぁ?等と、筆者が飲食店を経営しているからか、職業病でそういった変な事を考えてしまいます。

とは言え、これは結構重要な事だと思っていますが、お店の人が呑んでいるということは、その生ビール、危なくないということも言えるので、その点では信用度が上がります(笑)

筆者はそんなことを考えながら呑んでいますが…。つまらない呑み方ですなぁ。

飲食店の経営者としては、他店で生ビールについて配慮すること…。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

親しい友達の経営するお店などで、飲み物を頼むときに、飲食業経営ならではの、こう言ってあげることがあります。「生終わりそうなら、俺、呑んじゃおうか?」と…。そうすると喜ばれる時があります。

恐らく、生ビールを扱う個人店のマスター・ママは、閉店時間に向かう最中で、樽が終わりそうだなぁとか、新しい樽に今日中にしてしまいたいなぁとか、今日はこの樽で引っ張りたいなぁ…等、色々な事を思うのだろうなと推測します。

筆者は、それもストレスかなぁと思い、生ビールが呑めない残念なお店のマスターです(笑)

最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス