日本語の「好き」の意味は大変広範囲で、ペットや食べ物が「好き」というレベルから、親友や家族が「好き」、そしてあなたは特別な存在だという意味の「好き」まで、全部「好き」という一つの言葉で表現できてしまいます。

ところが、イタリア語では「好き」と日本語に訳すことのできる言葉がいくつかあって、それはどういった意味の「好き」なのか直ぐに分かるようになっているのです。

だから、イタリア語を知らず、日本語に直訳して「私のことが好きなの!?」と勘違いしてしまうこも…。

あなたの前にいるイタリア人がイタリア語であなたに「好き」と言ってきたら、それは友達として?親友として?それとも恋人として???

どの「好き」なのか直ぐに分かるよう今回はご説明したいと思います。

友達としての「好き」

“Mi piaci!”(ミ・ピアーチ)

日本語に訳すと「あなたのことが好き」となるのですが、この「好き」は服や食べ物などが「好き」と言うときにも使えます。だから、「あなたのことが好き」というより、「あなたのことを気に入っている。」と解釈したほうが近いような気がします。この“Mi piaci!”は気になる存在だけど、恋人未満…と考えたほうがよさそうです。

日本語訳にすると「好き」と言っていることになるので、「愛の告白!?」と勘違いしてしまうかもしれませんが、この場合は軽い意味、友達としての「好き」だと思っておいたほうが無難です。

家族など、大切な人への「好き」

“Ti voglio bene!”(ティ・ヴォリオ・ベーネ)

日本語に訳すと「大好き」とか「愛してる」の意味になります。上記の“Mi piaci!”よりは愛情のこもった表現になります。

恋人同士や夫婦の間でも愛情表現として使われる言葉ですが、親友や家族間などでも使われるため、愛の告白というよりは、大切な人への愛情表現と考えたほうがいいでしょう。


「愛してる」の最上級

“Ti amo!”(ティ・アーモ)

もし、イタリア人に“Ti amo!”と言われたら、愛の告白だと思って間違いありません。日本語に訳せばこの言葉も「好き」とか「愛してる」になりますが、“Ti amo!”は友達や家族に言うことはありません。心から愛している大切な人に言う特別な言葉です。

「たかが言葉」と思うかもしれませんが、イタリア人はこの“Ti amo!”という言葉をとても大切にしています。一見、軽そうに見えるイタリア人(特に男性)ですが、この“Ti amo!”というフレーズはなかなか言いません。それだけこの言葉はイタリア人にとって特別で、重いものがあるのでしょうね。イタリア人にとって、正に「愛してる」の最上級です!

意外と恋愛にまじめなイタリア人?

いかがでしたか?

日本語では「好き」のただ一言ですが、イタリア人の「好き」にはレベル分けがあるのです。イタリア人にイタリア語で「好き」と言われたときは、どの「好き」なのかしっかり理解しなければ、後々面倒なことになるかも…?

軽いイメージのイタリア男たち。女性みんなに「好きだ」「愛してる」と言っているイメージがあるかもしれません。「きれいだね」とかは確かに簡単に言いますが、本当の意味での「愛してる」はそう簡単に口には出さないんですよ。

日本のハッキリした言葉よりも態度や行動で愛を示すというのも素敵ですが、イタリアのように特別な言葉で愛を示すというのも、それはそれでまた素敵ですね。

この記事を書いたユーザー

シェコ このユーザーの他の記事を見る

2004年よりイタリアはフィレンツェに住んでいます。
イタリア人の夫と黒猫1匹との生活。
日本語講師としてイタリア人に日本語を教えています。
魅力的なイタリア、不思議なイタリア、海外から見た魅力的な日本、不思議な日本を中心にお伝えしていきます。

普段のイタリア生活についてはアメブロに書いています。
http://ameblo.jp/firenzefungo/

トスカーナ、フィレンツェ観光に関してFirenze in Tascaというトスカーナ、フィレンツェ個人旅行サポート会社のサイトにて記事を執筆中。
http://firenzeintasca.com/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス