今月4日の土曜日に、イギリスのプリマスでなんともほっこりしてしまう出来事が起こった。

舞台はPasta Barというレストラン

出典 http://www.dailymail.co.uk

リサ・マックコンネル(25歳)は、友人二人と土曜日の夜、この人気レストランにて食事を楽しんだ。そして支払いを済ませようとスタッフに呼びかけたら「もう頂いてます。」との返事が。

「えっ!?」一瞬耳を疑ったリサと友人二人。「会計は全部で60ポンド(約1万2千円)だったんです。一瞬、ジョークかなんかなの!?って思いました。」と話すリサ。

店側は、誰がリサ達の支払いをしたのかは明かそうとはしなかった。驚きとショックで3人は店内のトイレで相談することに。

「払わなかったら後で逮捕されるかもよ!?」

出典 http://www.dailymail.co.uk

困惑ばかりが三人に募る。「いったい、何故!?誰が!?」友人たちも「このまま払わないで出たりしたら、後で警察に捕まるかもしれない。」と不安を隠せなかった。

その時、トイレに入ってきた女性に話しかけられた。

支払ってくれたのは隣の席の家族だった!

出典 http://www.telegraph.co.uk

その女性は、不安を隠せずに話していた三人に、自分の夫が払ったことを告げた。「主人は、あなたたちのマナーの良い、静かな食事の楽しみ方にとても感心してましたよ。」そう女性は言ったという。

なんと!そんな理由で食事代を!?

出典 http://www.dailymail.co.uk

それを聞いて更に驚いた三人。「びっくりして、女性になんて言ったらいいかわからなかったわ。」

後日、改めてお礼を言いたいと考えた三人。しかし、女性の名前も住所も全くわからない。はて、どうしたものか。三人は市役所が管理するウエブサイトPlymouth Heraldの「こんな人探してます!」のコーナーにヘルプを求めることに。

数時間後、その女性から返信が!

出典 http://www.plymouthculture.co.uk

女性は自分たちは匿名のままでいたかったと謙虚に返信していた。そしてお礼を述べるリサに「貴方達は本物の女性よ。若いのに、混んでるレストランで全くうるさくしなくて、罵りの言葉も使わなかったわ。」

「私たちは子供を連れて来ていたので、若い人たちに、子供の前で悪い言葉を使って欲しくないって思ってたの。貴方達は本当にマナーの良い、できた人達ね。」女性はこう返信したという。

更に「いつかどこかで、また、貴方達が誰かにこういう風に親切にしてもらえるといいな、って思う。ただ、それだけよ。もちろんそれは貴方達次第だけど。」と締めくくっていた。

リサは「そんな風に言ってもらえて、本当に嬉しい限りです。」と喜びをあらわした。レストランで見せた粋な家族の計らい。隣の席の若者たちに、「マナーが良いな」と感心することはあっても、会計まで払うという行為にはなかなか出ないだろう。

その家族自身も、前にこのように誰かから親切を受けたのかもしれない。そして女性が言うように、今度はまたリサたちが、誰かに親切にしてほしいと願う筆者である。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス