話題沸騰中のオシャレな『カラフルコード』!

出典 http://ameblo.jp

  皆さん『カラフルコード』ってご存知でしょうか? モデルやDJとして活躍している中田クルミさんがInstagramやアメブロなどに掲載して話題沸騰中の『カラフルコード』。 iPhoneの充電ケーブルに刺繍糸を編んだもので、ただ可愛いだけじゃなくケーブルの断線防止ケーブルが絡まりにくくなるなどメリットもあります。 
  色の組み合わせや編む長さを工夫することで世界に1つしかないケーブルにできるのも話題に。

中田クルミさんとは

Zipper専属モデルを経て、「GINZA」「装苑」「NYLON」などのジャンルを越えた多方面の雑誌に出演。モードとストリート、どちらもこなすファッションアイコンとして活躍中。日本大学藝術学部を卒業した経歴を活かし女優としても活動。青文字系モデル初のDJとして全国のクラブでプレイ中。

1991年12月21日 生まれ
栃木県出身
身長:168cm
趣味:DJ 特技:スキー、クラッシックバレエ、書道

出典 http://asobisystem.com

『カラフルコード』の作り方

出典 http://ameblo.jp

  用意するものは、好きな色の刺繍糸マニキュアのトップコート、あとはマスキングテープ糸切りバサミ。 刺繍糸は3色以上あるとカラフルで可愛くなるそうですよ。

出典 http://ameblo.jp

  まず初めにコードの一番根元の方に刺繍糸を結びます。 中田クルミさんは短い端の部分をケーブルの右側に、長い部分は左側にくるように結んでいます。

出典 http://ameblo.jp

  次に、短い紐の部分はコードに沿わせ長い紐の部分で図のように輪っかを作り短い紐も巻き込みながら結びます

出典 http://ameblo.jp

  長い紐を引っ張るとこんな感じ。 長い紐の方で短い紐を包む感じで結んでいるので、短い紐がケーブルにピタッと沿っています。

出典 http://ameblo.jp

  この作業を繰り返します。 短い紐はケーブルに沿わすだけ、長い紐の方で輪っかを作りそこに通して行きます。

出典 http://ameblo.jp

  あとはこれを繰り返すだけ。 そうすると図のように編み込んで行くことができます。 短い紐はコードと一緒に包んでいくので自然と目立たなく見えなくなります。

出典 http://ameblo.jp

  色の変わり目ではこんな感じ。前の色の長い紐の残り、新しい色の短い紐、ケーブル3つを新しい色の長い紐で結っていきます。

出典 http://ameblo.jp

  何回か結んだあとに邪魔なら短い紐を切った方がいいとのこと。 そしてまた同じように何度も輪っかを作り紐を通していきます。 それを繰り返すと、、、

出典 http://ameblo.jp

  ついにケーブルの最後まで繰り返すとこんな感じになります。 この後に使うのがマニキュアのトップコート

出典 http://ameblo.jp

  マニキュアのトップコートをこのように刺繍糸の端に塗っていきます。 その後に余った糸を塗った所に巻きつけ、適当な所で切ってください。

出典 http://ameblo.jp

  ここでマスキングテープ! 糸の端を固めるためにマスキングテープで固定します。

出典 http://ameblo.jp

  マニキュアのトップコートが乾いた所でマスキングテープを剥がし、写真のように指でぎゅっと抑えて固めてください。 糸が浮いてくるようならトップコートをもう一度塗ってください。

ついに完成!

出典 http://ameblo.jp

  作り始めは結ぶだけ、結ぶ作業をくりかえし、最後にマニキュアのトップコートで固める! というシンプルな作業でこんなに個性的なコードになるなんて驚きですね! 

イヤホンなどに応用することも!

  応用編でAppleのイヤホンなどにも。 白いコードって結構汚れが目立っちゃいますよね。 身につけて歩く事イヤホンなら人目に触れる事も多くなるのでより個性を主張しやすくなるのでは。  色の組み合わせや数に応じてたくさんのオリジナルが生まれそう。

ただし注意点が・・・・・・

出典 http://www.gettyimages.co.jp

  スマートフォンやiPhoneの充電であっても結構な量の電気が流れています。 海外ではメーカー製ではない安価な充電ケーブルを使い、充電中に通話して爆発、死亡事故にまで発展したケースも。 
  断線していたりケーブルの中身がむき出しになったものを使うのは絶対に行わないでください。 あとカラフルコードで刺繍糸を強く結びすぎて断線する事がないように。 あくまで自己責任で行っていただくようお願いしますね。 
  筆者の個人的な見解ではイヤホンなら試してみたい! と思いました。

実際にカラフルコードを作ってみたという声も

  作る人の思いと工夫で十人十色の『カラフルコード』。 今年の夏いろいろな所でカラフルコードになったイヤホンを目にする事が多くなるかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

宮城省吾 このユーザーの他の記事を見る

Spotlightのプラチナ公式ライター。経済産業省主催の「始動 Next Innovator 2015」の1期生。
米国のGoogle、Twitter、Evernote本社などシリコンバレーのIT企業に研修を行うRyukyufrogs 5期生。長期記憶補助型学習アプリ「Halo」を開発中。Google GlassやMyoを外国からとりよせるほどミーハーでつ。以前はGIZMODO JAPANライター、サイバーエージェント教育事業部Tech Kids School沖縄支部で、Chief mentorとDirectorをしていました。

興味があるもの、AI、カーボンファイバー、量子コンピューター、イーロンマスク。夢は月にセキュアなデータ・センター作ることと、沖縄に市街地型のF1サーキット作ること。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス