記事提供:カラパイア

どんなに気に入ったデザインの靴でもどこかが当たって痛くなるようでは一日が台無しになる。特にハイヒールなどは歩いているうちに泣きたい気分となってくる。あまりにもひどいときには百均に入って安いサンダルと履き替えて帰宅するレベルだ。

だがあらかじめ窮屈な靴をこのように伸ばしておけば大丈夫。方法はとても簡単。ちょっときつかったけど諦められず買ってしまった靴があるなら是非試してみよう。

ジップロックと水があればいいのだ。それではその方法を見ていくことにしよう。

出典 YouTube

用意するものはジップロック2枚、そして水だ。

1. ジップロックに水を4分の1くらい入れる

2. その袋を靴の中に入れる

本革の靴ならその効果は一目瞭然。合皮でも伸ばすことができるけれど、合皮は元のサイズに戻りやすいので、この方法を数回繰り返す必要がある。

3. ジップロックをいれた靴を冷凍庫に入れ凍るまで待つ

スニーカーを洗濯機で洗えるアメリカ人ならではの直入れだが、靴の汚れが気になる人は靴をあらかじめ大きなビニール袋に入れてから凍らせるといいだろう。

4. 完全に水が凍ったら靴を取り出し20分放置する

5. ジップロックを取り出す

簡単に外れるはず。こうすることで、靴にダメージを与えることなく伸ばすことができる。

6. 濡れている部分を拭きとる

完成!全然履き心地が違うぞ!!

この方法を使えばお店で試した時はピッタリだったのに、家に戻ったら不思議なことにきつくなっていたという場合でも大丈夫。

お気に入りの靴なのに一度履いてみたらもう痛くてダメ。そのまま靴箱の中で眠っているなんて靴は是非試してみて損はないかもしれない。

ちなみに足は夕方になるとむくむので、靴を買うならなるべく夕方に買った方がゆとりを持った靴を買えるかもしれないね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス