餓死寸前の子犬

ジョージア州デカルブ郡のアニマルサービスに1匹の子犬が保護されました。子犬の状態は施設のスタッフがショックを受けるほどひどいものでした。

「私は約12年間、保護活動を行ってきました。こんなにひどい状態の子犬を見たことがありませんでした」とアニマル·サービスの創設メンバーであるクリッシー・カチンスキさんは述べています。「私は子犬を家を連れていきましたが、子犬が一晩持ちこたえるとは思えませんでした」

出典 http://www.today.com

餓死寸前だった子犬ですが、流動食や栄養補助食品が与えられ、手厚い看護のおかげで回復することができました。子犬は生後4か月ほどであり、捨てられる前にケージに閉じ込められ食べ物を与えられらなかったのではと推測されています。

子犬なのに爪も伸び放題になっており、満足に動けないような場所にいたことが分かります。閉じ込めたうえに食べ物を与えないなど、あまりにもひどい虐待です。生後4か月の子犬といえばまだまだ赤ちゃんと言ってもよく、無力な存在です。そのような子に対してこのような残虐な仕打ちをするとは人間とは思えません。

子犬はゼナと名付けられ、驚異的な回復を見せました。リンダ・ヒッキーさんは、Facebookでゼナのことを知り、ゼナに会いに来ます。写真を見た瞬間からゼナのことが好きなったと語るリンダさんはゼナの里親になることにします。

そしてゼナがリンダさんの家族になったことで、彼女の息子に驚異的な変化をもたらすことになるのです。

出典 https://www.facebook.com

今では見違えるほど美しい姿になったゼナ。

親友になる少年との運命の出会い

リンダさんの息子のジョニー君は自閉性です。他人とうまくコミュニケーションをとったり話したりするのが苦手。そのため、1人で家の中で遊ぶことがほとんどでした。

ゼナと会った瞬間からゼナのことが大好きになったジョニー君。

ゼナと出会ったことがジョニー君に劇的な変化をもたらします。彼の遊び心や歌声、見たり経験したことを言葉に表せるようになるなど、ジョニー君の新しい親友は彼のベストを引き出してくれたのです。

「今は、ずっとしゃべりっぱなしなのです!」と話す母親のリンダさん。

出典 http://www.today.com

ジョニー君はずっと親友であるゼナと話しているのだそうです。以前は静かだった家の中が明るくなったとリンダさんは言います。ゼナのいない生活は考えられないとのこと。

自閉症に対するコンパニオンアニマルの効果が研究されており、おもちゃなどより笑ったりする反応が見られることは知られています。特別に訓練された犬が自閉症に対して効果的であることは分かっていますが、ゼナは特別に訓練された犬ではありません。虐待により保護され、愛護団体が里親募集していた犬でした。

ジョニー君が自閉症であると分かってからリンダさんは、いずれは高校や大学に進学させてあげたいと考え、そのためにジョニー君が日々様々なことを学び取ることができるように努力してきました。リンダさんは自分がジョニー君にとって先生でありセラピストなのだと思ってきたそうです。

そんなときにゼナと出会い、思いがけずゼナが自分を助けてくれる助手になってくれたのです。

「きっと神様が計画したことに違いないと思います。ジョニーとゼナは出会う運命でした。人間には理解できない深い結びつきが2人にはあるのです」とリンダさんは話してします。

出典 http://www.today.com

出典 http://www.today.com

3匹の犬と一緒に眠るジョニー君。ゼナ以外の犬、サリーとペチュニアもみんな保護犬です。

子犬だったゼナにひどい虐待を加えた人間は到底許せませんが、ゼナが運命ともいえる親友と出会うことができ、幸せに暮らしていることをうれしく思います。心温まる友情です。

リンダさんは、ゼナの後にも虐待された犬の里親になっています。犬達は虐待された傷が残りながらも、人間に対する愛情を失わず、ジョニー君は犬達に囲まれて幸せに暮らしています。

リンダさんは自閉症のこと、虐待の根絶や保護犬のことなどを知ってもらいたいと思いFacebookで紹介しているそうです。素敵なお母さんですね。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

ゆっくり、ゆったり暮らすが目標。
動物保護ボランティアをしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス