人間とは、怖いと言いながらついつい知りたくなってしまう生き物ですね。
そして、見てはいけないなどと言われると、何故か覗きたくなってしまうのです。そんなあなたもきっと、【閲覧注意!】に心引かれて覗いたのではありませんか?

さてさて、そろそろ怪奇なお話でも如何かと、自分の体験や他人から見聞きしたお話などを書いてみようと思います。

ちょっと雰囲気を作りたいという方は、暗室で蝋燭など立てるのも良いですよ!
※火の元にはお気をつけ下さいね。

長くなるので、まずは自分の体験から書いていきましょう。

誰かが、見ている・・・・・

これは、私の実家での話です。
ちなみに私の実家が建っている辺りは古戦場跡であったらしく、近くには『首塚』があったりします。

両親の家は非常に古くからあるのですが、跡取りではない為、結婚してから他所に土地を買い、新居を構えました。その土地はそれ以前は農地ですが、その前は荒れて放置されていたようですね。

そこに住んでいた頃は、非常にいろいろな事象がありました。
まず一つ・・・。

私は実家を出て一人暮らしを始めた頃、母が寂しいと言うので、夏休みに泊まりに行ったんです。私の部屋は既に納戸と化していた為、8帖の客間に寝かせて貰いました。そこには床の間があって、木彫りの置物や掛け軸もあるんですが、3方向が障子になっており、日中は開け放すと非常に気持ちが良いんです。

夜になって、その部屋に布団を敷いてもらい、一人で寝るわけですが、何とも落ち着きません。涼しくなったので、障子は全部閉めてあったんですが、誰かが覗いてる感じがするんですよ・・・。

しかも、その覗いているというのが一ヶ所からではなく、部屋の廻りをぐるぐると廻っている感じなんです・・・。

なんでしょうね。具合を伺っているというか、ぐるぐると視線が部屋を注視しながら移動している感じです。ひたひたと、何者かが私の寝ている部屋を外から監視しているんです。

結局、夜の間ずっと見えない何かによる監視が続き、眠れませんでした。明け方、外が明るくなった頃に気配は消えて、やっと眠りに就けたのです。

深夜の訪問者

これは、賃貸物件での体験です。なので、一人暮らしで怖がりという方は読まれない方がいいかも知れません。

夫が徹夜で仕事をしており、一人で先に休んでいた時です。
どれぐらい経ったでしょうか?ふいにインターホンが鳴るんです。ただ、私が就寝した時点ですでに夜中の1時を廻っていたので、それからあまり経っていなくても、十分不可解で非常識な訪問です。

始めは「気のせいかな?」とそのまま寝ていました。それに、夫には聞こえていないようです。夫が仕事をする部屋からは灯りが漏れているばかりで、全く反応がありません。

しかし、暫くすると、また鳴ります。
ピン、ポーン・・・・。

「え?」
そして、また鳴ります。

夫の部屋の方を見ますが、出てくる気配もありません。
(誰かが急用だろうか?)そう思いましたが、夫が聞こえないのも変です。
そんな事を考えていると、今度は玄関が開く音が聞こえました。

バタンッ!

そして、何者かが階段を迷いもせずに上がってくるようです。
(大変だ!)そう思いましたが、今度は身体が動きません。黒い物体は部屋に入って来て、私に覆い被さります。そこで人ではないと気づきました。

でも、何とも身体が動きません。声も出せず、助けを呼べません。
黒い物体は私の首をグーッと圧迫して来ました。

どうにか足をばたつかせ、やっと声を出すと、すっと消えて行きました。
その後、夫にインターホンの話をしてみましたが、やはり全く聞こえていませんでした。夢ではないか?と思いますが、夫のいた部屋もそのまま見えていました。
黒い物体が消えた後も、同様です。

原因は判りません。外から訪ねてくるという不思議な体験は初めてでした。

もし、霊に遭遇してしまったら?

ちなみに、心霊スポットに面白半分で行ってはいけません。良く『見てみたい』などという好奇心でそのような場所を訪れる人の話を聞きますが、これは感心しない行動です。

日常で思いがけず遭遇してしまった対処法は、私の場合は相手によって違います。
助けを求めていそうな場合は「出来ません」と断ります。

何か悪い事を企んでいそうな場合は、「帰れ!」など、強気です。結構消えますよ!

もし、貴方が、霊に遭遇したら、「自分には何も出来ません。」と強く念じてみて下さい。
霊は何かを訴えようとしたり、救いを求めて来る事が多いからです。
自分は何もしてあげる事が出来ないのであれば、霊に対して、毅然とした態度で臨むべきです。
金縛りに遭った時なども同じです。
金縛りは、多くは耳鳴りを伴い、いざ貴方に近づこうとしている信号でもあります。
どんな相手が現れようと、自分には何も出来ない、何も出来る事は無い事を真剣に念じてみて下さい。

出典 http://youkey.hanagasumi.net

霊に遭遇した時の対処法として、私が実践しているものに近いので引用させて頂きました。

さて、まだまだあるのですが、長くなりますので今回はこの辺で!

この記事を書いたユーザー

石井ロージー このユーザーの他の記事を見る

音楽業界を経て、フリーのデザイナー兼ライターを生業にしております。ポジティブに解決したトラブルや実体験ネタを中心に書いています。8歳下の夫と愛犬の気ままな3人暮らし。音楽好きのゴシック好きの和服好き。オカルトも大好きでございます。好きな作家は芥川龍之介、詩人は中原中也☆

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 広告
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス