記事提供:バズプラスニュース

ニューヨーク大の実験(英文)によれば、「表情の作り方しだいで信頼度は高められる!」そうな。

・信頼度は表情で変えられる

研究者いわく、「今回の発見でわかったのは、顔の表情を変えれば信頼できそうな印象を相手にあたえられるということだ。いっぽうで、表情を使って有能そうな印象を作るのは難しい。

顔写真を使った実験によれば、あなたの信頼度はある程度まで表情によって変えられる。しかし、有能さや能力に関しては、ほぼ変えられないようだ」とのこと。

・実験の内容

なんでも、ヒトの信頼されやすさは表情に左右され、有能に見えるかどうかは顔の造りに左右されるんだそうな。

論文では4種類の実験が行われまして、まずは参加者たちにさまざまな男性の顔写真を見せて、どんな印象を持ったかを採点してもらったんですね。その結果、

「幸せそうな表情の人ほど信頼できそうに見える」

「怒った表情の人ほど信頼できないように見える」

「幸せそうでも怒っていても、有能に見えるかどうかには影響がない」

というパターンがハッキリ出たそうな。続いての実験は、マジメな表情のファイナンシャルプランナーと微笑みを浮かべたファイナンシャルプランナーの写真を用意し、どっちのアドバイスを受けたいかを聞いてみたんですね。

・1秒で信頼度を高める方法

すると、やはり結果は同じで、幸せそうなファイナンシャルプランナーのほうがハッキリと人気が高かったそうな。というわけで、てっとり早く自分の信頼度を高めたいときは、

「眉を軽く上げる」

「口角をかすかに上げる」

の2点を守ればOKってことですね。確かに、腕利きのサギ師ってこういう表情してるイメージ(笑)。

出典:Yu Suzuki

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス