お呼ばれされた側も、一生の思い出に残る“結婚式”や、“二次会パーティー”。嬉しい気持ちはMAXなのですが、お呼ばれされるたびに、“ドレス”何着ていこう…ってちょっぴり悩んじゃいますよね?そんなお悩みにアディオス!結婚式にお呼ばれしたときの服装マナーやドレスのコーディネートを徹底マスターしちゃいましょ♡

今更聞けない…服装マナーをおさらいしなきゃ

出典 http://weheartit.com

結婚式や二次会パーティーにお呼ばれしたときは、あくまでも主役は新郎新婦であることを意識して、派手になりすぎないようにするのが何よりの基本。特に、絶対的に守らなきゃいけないマナーのポイント5ヶ条を今一度、おさらいしましょ。

1. NGカラーを避ける

結婚式に不向きなカラーがあるので、以下のカラーは避けるようにしましょう。

・ホワイト(花嫁の色だから)
・バイカラー(別れを連想させるから)

写真で白っぽく写りやすい、アイボリーやピンクも注意が必要です。黒いドレスは「喪服」をイメージしがちなので、羽織物や小物で華やかにしましょう。

2. 露出は避ける

結婚式は厳粛な式なので、肩出しなど露出が高いデザインは避け、ショールやボレロなどで露出を押さえるようにしましょう。

3. 足元はパンプス+ベージュストッキング

靴はつま先の隠れるパンプスが正解。つま先の出るサンダルはカジュアルに見えてしまいます。ストッキングはベージュ、もしくは模様の入った黒ならOKです。

4. アクセサリーはパールがおすすめ

キラキラ輝くアクセサリーは目立ちすぎてしまいます。結婚式によく身に着けられるパールは、柔らかい光の反射で目立ちすぎず華やかにしてくれるのでおすすめです。

5. ファーや本革素材はNG

ファーや革素材は、殺生を連想させるので、結婚式には不向きです。

シーズン別♡今すぐ真似したくなる、“結婚式”のお呼ばれスタイル

出典 https://jp.pinterest.com

♡“春”は淡いカラーに、祝福を込めて

出典 http://wear.jp

明るめカラーで爽やかな印象のドレスです。小物をブラックで統一して、全体の印象を引き締めていますね!

出典 http://wear.jp

レースとチュールの異素材で、立体感のあるドレス。グレーのカラーが知的で優しい印象を引き立ててくれます。

出典 http://wear.jp

春らしいピンクのシンプルドレスです。小物をシルバーで統一してスタイリッシュな印象にしていますね。

♡眩しいカラーが、“夏”の一日をもっと特別に

出典 http://wear.jp

夏らしいはっきりとしたカラーのドレスです。バッグをネイビーにすれば、印象が引き締まります。

出典 http://wear.jp

華やかなブルーのワンピース。夏の時期には、ブルーにゴールドの小物がよく合います!

出典 http://wear.jp

フリルが可愛い印象のブルーグリーンのワンピース。ベルトと小物の色を統一すると、全体の雰囲気がまとまりますね。

♡心地いい、“秋”の風を感じるドレスが気分です

出典 http://wear.jp

ジャガード素材とレースが華やかなワンピース。ノースリーブでも、濃い色のジャケットを羽織れば秋スタイルになります。

出典 http://wear.jp

シンプルな黒いワンピース。黒でも、トップがレースになっているので、華やかな印象で◎。

出典 http://wear.jp

きれいな秋を感じるカラーのワンピース。落ちついたトーンなので、フリルが少し華やかでもしっとりした雰囲気に。

♡心がほっこり暖まる、“冬”のウェディングパーティー

出典 http://wear.jp

レースが華やかなネイビーのワンピース。レースに透け感があるので、七分袖でも重たい印象になりません。

出典 http://wear.jp

冬は羽織物で防寒+露出を控えめにしましょう。ドレスはシンプルでも、バッグやパンプスにフリルやリボンの飾りがついているので、華やかな印象になります。

出典 http://wear.jp

爽やかなベビーブルーのワンピース。暗い色を選びやすいシーズンにあえて明るい色を選べば、おめでたい席にぴったりのコーディネートになります。

いかがだったでしょうか?新郎新婦に祝福を込めてきちんとマナーのあるドレスを選ぶことが第一ですが、その上でお気に入りのスタイルに出会えたら、結婚式のお呼ばれがもっと楽しみになちゃうこと間違いなし!ご紹介したコーディネートを参考に、心から暖かい気持ちで一日を過ごせそうな、とっておきのお呼ばれドレスに巡り会ってくださいね。

この記事を書いたユーザー

るな このユーザーの他の記事を見る

気になることをポツポツと書いていきます♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス