どうしても横浜という知名度の陰に隠れがちな神奈川県。旅行先で「神奈川から来ました」というよりも「横浜から来ました」と言ったほうが通じやすいという悲哀があります。そんな神奈川県にあるあるスポットを当ててあげようと思います。

1.神奈川県町田市

ほとんどのエリアが神奈川県と接していることもあり、東京都というよりも神奈川県と呼ぶ方がふさわしい町田市。この地図をみれば納得ですね。

実際、神奈川県との間で町の編入出や境界の変更などが度々行われており、もはや神奈川県にした方が早いのではないかと。

2.神奈川を制するものは全国を制す

出典 http://www.obayashi.co.jp

高校野球といえば予選に出場する高校が全国で一番多いのが神奈川県。平成26年の時点で高校数は238。ただ少子化による統廃合などで高校数はピーク時より減少しています。

ドカベンの作者である水島新司氏が明訓高校を神奈川県に設定したのも、これが背景にあります。ただ明訓高校の名前は水島氏の出身地である新潟県・新潟明訓高校が由来となっています。

3.有隣堂はやはり全国区じゃない

出典 http://spotlight-media.jp

「横浜あるある」でも触れられている有隣堂ですが、これは神奈川県民全体のテーマでもあります。実は東京(13店舗)と千葉(2店舗)にも展開している有隣堂書店。東京は思った以上に店舗数が多いのです。

しかし神奈川県全体で30店舗ともなると、やはり有隣堂は神奈川の書店と呼ぶべきでしょう。有隣堂のオリジナルブックカバーを持っていればあなたも立派な神奈川県民です。

4.市なのに駅がない綾瀬市

出典 https://ja.wikipedia.org

神奈川県央に位置する綾瀬市。東海道新幹線が通っていたり、市の周辺には駅がいくつか点在しているにもかかわらず、市内には駅が存在しないという不思議な綾瀬市です。

余談ですが横浜市磯子区は区内だけでJR・私鉄含め7つ駅があるというこれもまた摩訶不思議な現象です。

5.すもうナンバー

出典 http://minkara.carview.co.jp

神奈川県民が全員うなずいている姿が目に浮かびます。1994年に湘南ナンバーが施行されたことで、神奈川の県西北だけに使われるようになったこの相模ナンバー。それまでは相模ナンバーが神奈川の道路という道路を占拠していたものです。

ちゃんと見れば「さがみ」なのですが、あまりに「すもうすもう」と揶揄されると本当に「相撲」に見えてくるから不思議です。

6.ICカードが使えない区間がある

出典 http://d.hatena.ne.jp

小田原市の国府津から静岡県の沼津まで運行しているJR東海の御殿場線。御殿場-沼津間ではTOICAが使えるものの国府津-足柄間では導入されていません。

ただ、国府津駅は東海道線の関係でSuica対応駅のためIC対応券売機で切符を買うことは可能です。

7.ダイナミックダイクマ

出典 https://ja.wikipedia.org

ヤマダ電機傘下に入ってから店舗数は激減。現在は完全吸収され運営会社もなくなり、その姿を見ることが減ってしまったディスカウントショップ・ダイクマですが、神奈川県民にとっては愛すべき「ホームセンター」なのです。

ちなみに「ダイクマ」の名前の由来は下記のとおりです。

1968年「大工の熊五郎」として現在で言うところのホームセンター事業へ業態転換。1978年イトーヨーカ堂と資本提携し、同社の子会社となったことをきっかけに商号を「大工の熊五郎」から「ダイクマ」へ変更し、総合ディスカウントストア事業へ業態転換した。

出典 https://ja.wikipedia.org

ダイクマについて色々見ていたら…

懐かしい名前ばかり並んでいます。家電量販店だったワットマンは現在リサイクル事業でその名前を復活させたようですね。

ALiC日清ではなくALiC日進です(ここ大事)。本店ビルは今ドン・キホーテとなっていますが、生麦の方で1店舗営業しています。

L商会もなくなり、神奈川生まれの家電量販店が消えていく中、頑張っているのはここぐらいでしょうか。

神奈川あるあるいかがでしたでしょうか?どうしても「横浜あるある」と被る部分がありますので、7つに厳選させていただきました。よろしければ下記の「横浜あるある」もあわせてご覧くださいませ。

【余話】書き物置き場

この記事を書いたユーザー

らいなぁ このユーザーの他の記事を見る

【facebook】https://www.facebook.com/LINER0905
【twitter】@LINER_ippuku
引きこもりの気分屋専業主夫時々物書き屋。ベイスターズ、プロレス、相撲、アニメ、水曜どうでしょう好き。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 暮らし
  • テレビ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス