記事提供:子ある日和

今日は、2歳の小さなあなたを叱ってしまったね。

コップを落としてミルクをこぼしちゃったね。

「なにしてるの!ふたつのおててを使って運びなさいと言ったでしょう!」あなたの小さなお手手は、たくさん頑張ってコップを運んだのに、ママはミルクをこぼしたことに叱ることしかできなかった。

お昼寝の時間、健やかな寝顔を見て反省。

遊ぶときも、泣くときも、失敗するときも、眠るときも。

一生懸命、大人になる練習をしているんだよね。

それに気づいてあげられなくて、ごめんね。

眠っているあなたをぎゅっと抱きしめたくなりました。

でもこのままそっと寝かせてあげよう…

あなたが寝ている間にママは、先日運動会で撮ったビデオをみました。

あなたは無邪気な笑顔で、一生懸命風船に向かってかけっこ。

こっちに向かってくるあなたを思わず抱きしめそうになったよ。

何度も何度も繰り返し観て、隣で眠っているあなたが愛おしくてたまらなくなったよ。

目が覚めたら「ごめんね」と言おう。

でも迷った。

きっとあなたはさっき叱られたことはもう忘れているだろうから。

一瞬一瞬をそのときそのときで生きているんだもんね。

だったら、こうしよう。

さっき叱ってしまったママを許してね、と心の中で思いながら、さっき叱った何倍も大きな愛であなたを抱きしめて、よしよしってしよう。

伝わってくれるかな。

伝わってくれるといいな。

そうこうしている間に、「ママおなかしゅいた」あなたが起きて来ました。

なぜか、久しぶりに会ったような感動が体中を駆け巡りました。

私は「おはよう、おいで」と手を伸ばすと、あなたは笑顔で走ってきました。

抱っこしたあたたかさが愛おしくて、なぜか、目頭が熱くなりました。

あなたも、お目目を瞑って、ママの愛をたくさん受け取ってくれているのが分かりました。

「おやつにしようか」

「うん!」

「なに食べよう?」

「ばにゃにゃ!」

「うん、わかった。じゃあバナナとミルクにしようね!」

ミルクをこぼさずに、今度は、ゆっくりゆっくり、一生懸命運ぶことができました。

ママとふたりで、できたね!できたね!やったね!と喜びました。

少しの間なのに、あなたは、お昼寝する前よりも大きく大きく成長していました。

小さなあなた。

大人が何気なくこなす日常生活は、あなたにとってはとてもとても大きなイベント。

だから一生懸命になるんだね。

失敗しても、そのあなたの頑張りを褒めてあげられるママになりたいな。

あなたを支えてあげられる存在になりたいな。

また明日から始まる、毎日に訪れるたくさんの出来事が、あなたにとって素敵な経験となりますように。

素敵な生きる喜びとなりますように。

ママはあなたの一生懸命を、いつも一番近くで見守っています。

そして、ママはあなたの一番の味方だからね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス