夏に向けてキャンプやア花火、海、バーベキューなど、アウトドアを楽しみにしている人も多いのでは?!夏は蚊や蛾の出現に、苦手な女性も多いでしょう。

薬剤入り防虫ネット「虫の嫌がる網」を販売するにあたり、ダイオ化成は、本格的な虫の発生シーズンより一足前の6月に、恋人のいない20~30代の独身女性600名を対象に、「防虫と生活に関する意識調査」を実施。

もし恋人がいたら・・・と仮定して、

自宅のベランダや網戸に虫がいたら?

この調査で、虫がいても58.5%の女性が「放っておく」と答え、そのうち94.3%が「自分の代わりに虫を取り払ってくれる人がいたらうれしい」と回答。

女子は虫が嫌いだよね?!

同調査で、「虫が嫌い」と鍛えた女性は79.6%、「やや嫌い」と答えた人は18.0%という結果が。やや嫌いと嫌いを合わせて、94.3%の女性が虫が嫌いだということが判明。

女性はゴキブリ・ハエ・蚊・害虫などが苦手だというのは当然と言えば当然ですね。逆に、いつもボーイッシュな女性が、ゴキブリや虫を見て、悲鳴を上げる意外な姿に、女性らしさを感じる男性もいるのではないでしょうか?!

ところで、網トンって何?

網トンとは、網戸についた虫を「トン」って軽く払ってくれる仕草のこと。最近急増する草食系男子も、女子が大の苦手な虫を軽く追い払ってくれたら、ワイルドな男性に見えてしまうのでは?

スリッパや新聞紙などで虫と格闘して退治するのではなく、あくまでもサラッとナチュラルに「網トン」するのが理想の男性像なのです。さらに、88.7%の女性が、この網トンに胸キュン!してしまうことが明らかになっています。

今後恋人ができ時、「網トン」をしてくれたらうれしい?

今話題の胸キュン仕草、「壁ドン」は、男性らしさの憧れで、なかなか現実味のない行動とも言われています。同調査で対象女性全員に、「今後恋人ができた時、恋人があなたの代わりに”網トン”をしてくれたらうれしい?」との質問に、

「かなりうれしい」と答えた人が30.7%、「まあまあうれしい」と答えた人が30.0%、「少しはうれしい」と答えた人が25.0%いました。この調査によって「網トン」をうれしいと思う女性が88.7%もいることが判明。

「網トン」は「壁ドン」ほどの威圧感もなく、より最近の男子の現実味のある行動として、女性を胸キュンさせる仕草のようです。

顎クイにも憧れるけど、実際はどう?

少女漫画やドラマなどで、イケメンのモテ男がやる強引な"モテしぐさ"「顎クイ」。「手で女性の顎をクイッと持ち上げて、顔を強制的に自分のほうに向かせる」という難易度の高い仕草。

最近の男性は、草食化している傾向からか、あまりワイルドな男性をお見かけしない、というか、よほど自分に自信がない限りこの「顎クイ」はできないのでは?!

ある調査によると、顎クイを実際にされた女性で「胸キュン」しちゃった女性もいますが、「強い嫌悪感を抱いた」「ぞわわわ~~~っとめっっっちゃ鳥肌が立って手を振り払った」「少女漫画の読みすぎじゃないかと気持ち悪かった」と嫌がる声もありました。

さらに、女性がリアルに求める「胸キュン」仕草についても調査

「あなたがもし実際に、好きな人にしてもらえたら胸キュンすると思えそうな仕草はどれ?」という質問に対し、42.7%の「あすなろ抱き」を超えて48.7%が回答したのが「頭ポン」でした。

あすなろ抱きとは?

1993年に柴門ふみの漫画「あすなろ白書」がフジテレビで木村拓哉と石田ひかり主演でドラマ化されましたね。木村拓哉演じる取手君が、なるみを演じる石田ひかりを後ろから抱きしめるシーン!

掛居を待ち続けるなるみを陰から見守ったり、プレゼントを渡すためにアルバイトをしてお金を稼いだりするなど一途な性格の取手君。振られてもなお、なるみの幸せを心から願う取手君の姿に胸キュンする女性が急増しました。

恥ずかしいけれど、恋人のいない独身女子はやはりソフトな行動に胸キュン?!現実離れした壁ドンより、もう少しリアルなあすなろ抱きに憧れる女性が多いようですね。

夏は網戸の虫に注目!「網トン」で女子のハートをゲット!

やはり、女性にとって虫は苦手なモノだということが判明。イメージしてみてください・・・。自宅のソファでくつろいでいる時、網戸に蚊や虫がくっついていたとしたら?!筆者はゴキブリや虫が大の苦手なので、悲鳴を上げてしまうでしょう。

でも、ティッシュや新聞紙などでパシッと殺されるのはイヤなんですよね。後始末も大変ですし。やっぱり、ソフトに「トンッ」って叩いてもらうのが頼もしいですね!

草食男子諸君、今年の夏は、網戸の蚊や虫に注目!気になる子がいたら、アウトドアに積極的に誘って、蚊や虫を「網トン」すれば、女子のハートは胸キュンでイチコロかも?

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス