1997年、その独特のメロディと女性のようなルックスで一世風靡したヴィジュアル系バンド・SHAZNAのIZAMさん。当時のミュージックシーンに鮮烈な印象を与えた彼ですが、現在はというと…

SHAZNA・IZAMの軌跡

1972年、東京の府中市に生まれた彼は、意外にも中高とバレーボール部に所属の体育系でした。そして、ジャッキーチェンに憧れアクション俳優も目指していたそうです。

そして1993年、新宿で知り合ったメンバーと共に『SHAZNA』を結成して、インディーズで活動。あの女性的な外見はイギリスのバンド、カルチャー・クラブのボーイ・ジョージに影響されたのだとか。その外見が大変印象深く、瞬く間に人気を集めるのでした。

結婚、離婚、そしてまた結婚

人気絶頂の1999年2月、タレントの吉川ひなのさんと結婚しますが、その年の9月には離婚をしてしまいます。当時は“ままごと婚”と揶揄されていましたよね。

その後はバンド活動を休止しソロデビューを果たしたり、新境地として俳優への道にも進みましたが、全盛期と比べると明らかに露出は減っていくのでした。

堤幸彦監督の映画『チャイニーズ・ディナー』(2001年)『溺れる魚』(2001年)に俳優として出演、2002年には初の執筆小説『ミラー・ボーイ』を出版するなど、他分野にも活動を広げる。2001年に日本映画批評家大賞新人賞を受賞した。

出典 https://ja.wikipedia.org

その7年後、今度はタレントで現在の奥様でもあります吉岡美穂さんと再婚します。この時、吉岡さんのお腹には3か月の赤ちゃんがいました。

それからのIZAMさんですが…

恐妻家にクレーマーなどのキャラクター探し

癒し系No.1だった吉岡さんが実はドSだったと暴露し、恐妻家キャラとしてプチブレイクを果たします。

IZAMが大事に保管していた、触ったことも電源も入れたこともないエヴァンゲリオン仕様の限定携帯電話を、吉岡が内緒で素手で触りまくり、勝手に電源まで入れたというもの。さらに、恐ろしかったのは、笑顔を作りつつも全く笑ってない目で放った、こんな一言である。

「実は、イライラした時は携帯に電源を入れて子どもに玩具として与えてます。ヨダレたらしてくれるからスッキリする」

出典 http://www.cyzowoman.com

川柳で「癒し系 家の中では 脅し系」と読み上げる。

出典 https://ja.wikipedia.org

しかし、北斗晶・佐々木健介夫妻をはじめ、芸能界には多くの恐妻家がいます。いまいちパンチに欠けたIZAM夫妻は次第にフェードアウトしていくのです。

そして次なるキャラが“クレーマー”でした。

「食に異常にこだわる夫」ということでIZAM夫妻が登場し、妻とともにステーキ店に入り、「自分が頼んだのはミディアムレアなのに、これはレアだから焼き直して」と要求したり、待っている間にライスも冷めたから新しいものをと要求したりと、どうもただのクレーマーとしか見えない。

出典 http://www.j-cast.com

結果として、「クレームではなくただのワガママ」や「感謝の気持ちがないのか」などの非難を受けて視聴者からのイメージは最悪なものに。

ついに、キャラを探し迷走中をカミングアウト

6月29日放送された日本テレビ系『月曜から夜ふかし』では、ついに自分が迷走していることをカミングアウトしました。“恐妻家”から“クレーマー”、その後は“料理タレント”に“イクメンパパ”に至るまで、いずれも鳴かず飛ばずでした。

現在はプロデューサーとしても活動中

東京エロティカルパレード。の結成1周年記念&大智・ASUKA Birthday!! 1st.ONE MAN LIVEで発表されたもの。

今回のミニアルバムでは、SHAZNAのヴォーカリスト、タレント、役者、舞台演出などでも活躍しているIZAMが、全面的にプロデュースを担当。そのマルチな才能を十分に発揮し、音源制作、アートディレクション、カメラマン、ミュージックビデオの監督をつとめている。

出典 http://woman.infoseek.co.jp

歌手、俳優として活動中のIZAMさんがプロデュースする舞台『ハーティーパーティー!メガパニック!』にネギマンが出演します!

出典 http://www.gainax.co.jp

舞台やミュージシャンのプロデュースをするIZAMさん。音楽だけではなく、幅広い活躍が期待されます。

個性が重要視される芸能界において、キャラの迷走は命取りになりかねません。単に流行りに流されるのではなく、確固たる自分が出せるキャラが定まれば良いのですが…。

IZAMさんの闘いはまだまだ続きそうです。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス