Advertising campaign for Faada #themostsavagecasting

出典 YouTube

あるスタジオに数組の親子がテレビ番組のオーデションに参加しました。ですが。このオーデションには、隠された企画があったのです。

出典 https://www.youtube.com

子供達はワニやゾウ、お猿さんの可愛い着ぐるみを着て愛くるしい表情で演技をします。

質問です。

出典 https://www.youtube.com

子供達の演技が終わり、次は保護者の方々に質問がされました。最初はよくある質問から。しかし、突然聞かれた4つの質問に親達は一気に不信感を募らせます。

質問 1 お子さんを2日間預かってもいいですか?

出典 https://www.youtube.com

突然の質問に驚く母親。親無しで2日間小さな子供を預かってもいいかと聞かれました。

質問 2 撮影の為に前日はご飯を抜いてもいいですか?

出典 https://www.youtube.com

また、驚きの質問です。いくら撮影の為だと言っても子供にご飯を食べさせないとは!父親も「食べさせなきゃダメだ」と言っています。

質問 3 必要に応じてお子さんの歯を抜いても問題ありませんか?

出典 https://www.youtube.com

大問題です!父親も問題があると言っています。当たり前です!

質問 4 子供が言うことを聞かない場合電気ショックを与えてもいいですか?

出典 https://www.youtube.com

子供に電気ショック!信じられない!いくら言うことを聞かないからと言って考えられません。

出典 https://www.youtube.com

親達も不信感MAX。これは報告されるべき問題だと言っています。

出典 https://www.youtube.com

余りにも残酷な質問に目に涙をためる母親は・・・

出典 https://www.youtube.com

急いで我が子を抱きかかえ逃げるようにこの場から立ち去りました。

・お子さんを2日間預かってもいいですか?
・撮影の前日、子どもに何も食べさせなくてもいいですか?
・必要に応じて、子どもの前歯を抜いても大丈夫ですか?
・子どもが言うことを聞かないとき、電気ショックを与えても大丈夫ですか?


こんな非人道的なことは許されないと思った方は多いのではないですか?でもね、許されるんです。「動物」には。

オーデションの秘密

出典 http://item.rakuten.co.jp

実はこのオーディションは、スペインの動物保護協会FAADAが、広告に起用される動物たちの状況を訴えるために企画したもの。これらの質問は、実際にテレビや映画に出演している動物たちに行われたことがあるものだそうです。

飼い主から離し数日間、撮影する。
撮影中はご飯も満足に与えられない
噛み付く恐れがある場合は歯を抜かれる
言うことをきかないと電気ショックを与えられる

全ての動物が虐待されているのではありません。しかし、実際に行なわれていることも事実です。言葉を話せない動物たちの代わりに、その実態を伝えようとしたこの企画。

動物保護協会FAADAは『自分の子どもを大事にするのと同じく、野生動物の虐待を止めてください。』と訴えてます。

あの4つの条件を人間に当てはめると大変なことになります。許す親がいるなんて考えられない。とても極端的な例ではありますが、どこかの動物たちにとっては現実の話。私たちの子どものように、動物達も家族を持つ親であり、子供である大事な存在。

テレビ番組に動物が出演していることは珍しいことではありません。けれど、その裏で何が行なわれているのか、私達は知るべきだと思います。ご訪問ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス