高見沢俊彦さんといえば・・・

THE ALFEEの高見沢俊彦さんといえば、還暦過ぎの年齢でありながら、変わらぬスタイルと美貌で、いまだに「王子様」のイメージを貫いているカッコイイアーティストです。デビュー41年目を迎え、ますます魅力が増しているといっても過言ではありません。

そんな高見沢俊彦さんですが、ファンしか知らない意外な一面を持っていることはあまり知られていません。

実は、コント作家でもあった!

THE ALFEEのライブでは、毎回、コントのようなMCが繰り広げられます。モノマネ上手な坂崎さんと、ひょうきんなキャラクターの桜井さんが中心となって笑いの世界へ導いてくれるのですが、なんと、このコントの台本を書いているのが、高見沢さんなのです。しかも、コントはほぼ毎回微妙に変わり、ライブツアー中も進化し続けます。高見沢さんが毎回台本を書き換えているらしいのです。

THE ALFEEによるコントというだけでも意外ですが、その台本を、王子様イメージの高見沢さんが書いているなんて、びっくりです。

バースデーライブのコントでは高見沢さんが主役?!

THE ALFEEのファンが楽しみにしているのが、バースデーライブです。一緒にお祝い出来るというのももちろんあるでしょうが、バースデーライブのコントが、特別なのです。普段は脇役にまわる高見沢さんが、コントの主役になるからです。

高見沢さんはサービス精神が旺盛な方らしく、特別な日のライブでは体を張って笑いを取ることを惜しみません。坂崎さん59歳のライブでは、シンデレラに変身!今年の桜井さん60歳の記念ライブでは、なんと、JK(女子高生)になりきったのだそうです。テレビでは決して見ることの出来ない姿を拝めるファンは、幸せですね!

そもそも、なぜライブでコントをやるのか?

THE ALFEEのファンの中には「コントはやらなくていい、曲をもっと聴きたい」という方も少なからずいらっしゃるようです。それでもなお、コントをやり続けるのはなぜなのでしょう?

実は、まだTHE ALFEEが売れる前、ライブハウスがいっぱいにならなかった頃、とにかく初めて来てくれたお客さんの心を掴まなければ!という気持ちから始めたのが、コントやモノマネだったのだそうです。その頃の気持ちを今でも持ち続けているという事なのでしょう。ヒット曲しか知らないお客さんに楽しんでいただくため・・・。そのサービス精神がコントをやり続ける原動力となっているようです。

THE ALFEEのコントが見たいという方は・・・

ライブ会場でしか見ることの出来ないTHE ALFEEのコントですが、次に見られそうなのは、7月26日に予定されている、さいたまスーパーアリーナでの夏イベント「ONE NIGHT CIRCLE」です。バースデーライブではないので、高見沢さんの女装を拝むのは無理だと思われますが、きっとスペシャルな何かがあることでしょう。

お問い合わせは下記まで!

SOGO TOKYO  03-3405-9999

この記事を書いたユーザー

MILK78 このユーザーの他の記事を見る

食べる事と旅行する事が大好きな、好奇心旺盛ブロガーです。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス