夏は大きなコンサートやフェスが目白押しですが、チケットの扱いにはご注意を。たとえ正規で購入したチケットであっても、チケットの画像を公開してしまうと悪用されるおそれがあります。

問題になっているのはインターネットオークション

ネットオークションにチケットを出品すること自体は違法ではありません。

しかし、有名アーティストのライブチケットは法外な高値がつき、定価の3~4倍の即決価格がつけられていることが少なくありません。入手困難なチケットには10倍以上の値がつくこともあります。

転売目的でチケットを入手し、ネットオークションに出品する人達が後を絶たないことから問題視されるようになったのです。

オークション出品に厳しい処置を下す運営も

ジャニーズはダフ屋・インターネットオークションに厳しい対処をしています。

正規販売ルート以外の売買行為で入手したチケットはすべて営利目的と判断するとのことです。


※転売行為が当選者本人によるものでない場合でも不正売買が判明すればチケットは無効になります。

複数当選の1部でも、その当選者名義の全てのチケットが無効になります。

自分の不注意でチケット画像を悪用されてしまったら、無効になっても諦めるしかないのです。

ファンクラブ優先チケットはとくに注意

ファンクラブ優先チケットはファンを大切にしたいという思いからファンクラブが用意しているものです。

これを利用してよい席を手に入れ、オークションに出品することはファンクラブが一番望まないことです。

出品した場合はチケットの無効だけでなく、ファンクラブを除名になることがあります。

じゃあ出品を規制すればいいんじゃない?

チケットの出品を全面的に禁止する、あるいは価格が釣り上がらないようにして転売を防ぐということはできないのでしょうか。

・転売目的でチケットを購入する
・公共の場所や公共の乗り物で売買する

という2つに関しては各都道府県の迷惑防止条例に違反する「ダフ屋行為」として取り締まることができるのですが、インターネットはバーチャルな空間なので、どの範囲を規制するか法律では区分できません。

価格に関しても、自由経済のもとではなにをいくらで売るかは公序良俗に反しない限り原則自由です。チケット転売行為を全面的に禁止することは独占販売禁止法に抵触するため、限定的な禁止しかできないという事情があります。

いまのところ自衛するしか方法はない

入手困難なチケットが手に入れば友達に自慢したくもなりますが、座席番号までバッチリ映った画像はアウトです!コンサートを無事楽しむことを優先させましょう。

将来は「ももクロ」のコンサートで採用されている顔認証システムのような本人確認が主流となり、転売の心配をする必要がなくなっていくかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス