最愛の人が嘆き悲しんでいたら、どんなことをしてでも慰めて励ましてあげたい、出来ることなら全てを白紙に戻し、もう1度やり直すことでまた笑顔を取り戻してもらいたいと思うのが人情ではないでしょうか。

アメリカ・テネシー州在住のジェレミー・スタンパーさんも心からそれを願い、新妻のジャスティスさんのために、人生の誓いを仕切り直そうと決意しました。

小学生の時に知り合った2人

出典 http://abcnews.go.com

初めての出会いは日曜学校で、ジェレミーさんが11歳、ジャスティスさんが10歳の時でした。学校が違ったのでそれ以上の進展はありませんでしたが、高校で同じ学校になり、友達から彼の番号を聞き出した彼女が電話をかけてきて、交際が始まりました。

出典 http://buzzpo.com

ジェレミーさんは「子供の時に一目惚れだった」と言っています。そして2年間の婚約期間を経て、祝福されながら去年の8月1日に結婚しました。

結婚20日目に巻き込まれた事故

出典 http://www.people.com

8月20日、新居に移る予定のわずか2日前に、ジェレミーさんはジャスティスさんが、隣接するヴァージニア州で自動車事故に巻き込まれたという連絡を受けます。ジェレミーさんは取る物も取り敢えず車に飛び乗り、病院へ急行しました。

一通りの検査を受けたジャスティスさんは翌日退院になりましたが、この時、事故のショックで記憶障害を起こしていたのです。しばらく様子見をしていたものの、記憶は完璧には戻らず、後にPTSD(心的外傷後ストレス障害)による記憶障害と診断されました。

戻らない記憶のなかで、どうしてもあきらめきれないものがある

ある時、ジャスティスさんはジェレミーさんに、怒らないで欲しいけれど結婚式の時のことが何一つ思い出せないと打ち明けました。写真もビデオもあり、写っているのは確かに自分、人生で一番の幸せに輝いている自分なのに、何も覚えていない、何度見てもまるで他人の結婚式を見ているような気がするのだそうです。

医師に記憶障害の話をした時、少しずつ戻って来るものもあるでしょうが、まったく戻らない場合もあると言われました。今、結婚式に関すること、新居を見て回ったり決まって契約書にサインしたり、結婚式や新婚旅行を計画したりしたこと、全てがジャスティスの記憶から抜け落ちていて、最良の日の記念となるべき写真やビデオが、心悩ませる原因になってしまっているんです。

出典 http://abcnews.go.com

思い出が無くなってしまったのなら作り直せばいい

打ち明けられたジェレミーさんは、本当に自然に、2人の最初の結婚記念日であるはずの今年の8月1日に結婚式をもう1度やり直そう、と約束したそうです。

「そう聞いた時は驚きましたけれど、今は楽しみでたまらないんです。バージンロードを歩いて行く私を見るときの彼の顔が見たくて。その瞬間が一番、記憶に焼き付けておきたいことなの」とジャスティスさん。

確かに花嫁が進みながら見上げる花婿の表情は、ビデオや写真には残せない、別の位置から見た特別なものなんですよね。

ところが新婚家庭には先立つものが…

ただでさえ結婚は物入り、それを済ませてすぐの事故と病院代、加えて新婚生活はジェレミーさんが大学を卒業するまでジャスティスさんがサポートする計画でしたから、やり直そうと言っても先立つものがありませんし、ジャスティスさんもまだリハビリを続けている状態ですから、8月1日にはとても間に合いません。

そこでジェレミーさんはGoFundMeというサイトで募金をお願いすることにしました。5月14日に立ち上げて6月30日に筆者が最初にこのニュースを見た時点では5,000ドルのゴールに対してまだ2,620ドルでしたが、今は229人の人達から5,725ドル集まっています。

こういうところ、本当にアメリカらしいですね!でも無事に結婚式が上げられそうで、本当によかったです。

2度目の結婚式は同じ場所で、でも違うドレスで

出典 http://www.people.com

最初のドレスも素敵ですが、ジャスティスさんに記憶が無いので、きっとドレス選びからやり直すのだと思います。他人事のように思える去年のビデオや写真に残っているドレスよりも、きっとそのほうがいいのでしょう。

ジャスティスさんには短期記憶障害と軽い言語障害が残っているそうです。でもまだ20歳と21歳の2人ですし、子供の時から10年越しの初恋を実らせたジェレミーさんとともにこの事故を乗り越えて、さらに絆が深まったことと思います。

8月1日の結婚式が素晴らしい思い出になりますように。そして、どうぞ末永くお幸せに。

この記事を書いたユーザー

Eko このユーザーの他の記事を見る

米シアトル在住、「地球の歩き方」特派員です。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/seattle/
新記事をアップするとツイッターでつぶやきます。
https://twitter.com/EkoNay7789
たくさんのステキを共有できたらと思っています。気に入った記事がありましたらぜひ教えて下さい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス