実は意外と多い閉所恐怖症。10人に1人の割合でいると言われ、閉所恐怖症で悩んでいる芸能人たちは多いようです。

今回は、そんな閉所恐怖症の芸能人のエピソードと、その克服方法をご紹介します。

閉所恐怖症とは?

閉所恐怖症とは、狭いところなどの圧迫感のある空間に入ると、パニックを起こしたり、強い恐怖感に襲われたりする症状のことです。医学的には、「特異的な恐怖症」と呼ばれていて、高所恐怖症などとセットで触れられることがあります。

恐怖症になる男女比を見ると、その割合は女性の方が多いそうで、あるとき突然、閉所恐怖症になる人もいるとのこと。

芸能界のアノ人たちも…

実は芸能界にも、閉所恐怖症の方は多いそうです。そんな閉所恐怖症に苦しむ芸能人たちのエピソードをご紹介します。

先日、テレビでも話題になった松本人志さん

笑いの天才、松本人志さんは、なんと「コント」がきっかけで閉所恐怖症になってしまったのだとか…。

きっかけとなったのは、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で、ほかの出演者を驚かすために扮したゾンビの役。地中に潜って29分間隠れていたそうですが、「本当にこわかった」「暗いところが一切ダメになった」と語っています。

それ以来、車も、CTスキャンも怖くなってしまったそうですよ。

あの鬼嫁も!北斗晶さんもブログで閉所恐怖症を告白

本日は…あたしの病院
子供達を送り出して直ぐにパパに送ってもらいました
今日はねMRIを撮るから…閉所恐怖症のあたしにはドキドキなのよ
だからパパに付いててもらうんだ。
それから睡眠導入剤を貰ってウトウトしちゃえば、何とか切り抜けられるでしょう

鬼嫁にも意外な弱点があったんですね。北斗晶さんは、MRIを撮るということで、旦那様の健介さんに付き添ってもらうのだとか…。

しかも、MRIでぐっすり眠れるように、タレントの千晶さんがくれた著書を夜通し読んで、検査ですぐに眠れるようにしたそう。それでも、検査の直前には大騒ぎで「心臓張り裂けそう−!」と、叫んだとか。

女優水野美紀さんも、意外なことがきっかけで…

女優の水野美紀さんは、10年ほど前に、交際相手といるところを週刊誌の記者に張り込まれていたことから、彼の車のトランクに乗って脱出することを決意。

「(トランクに入るのは)ぜんぜん平気だと思ったんです。でも、エンジンがかかって走り出した瞬間に心臓がばくばくしてきて」

出典 http://ameblo.jp

「息苦しくなってきて。だめだだめだと思って(トランクを)どんどんと叩いたんです。もう、死ぬって思ったんで。駐車場から出る前に気づいてくれてトランクを開けてもらった時には冷や汗でびっしょりになってて。それ以降、閉所恐怖症になっちゃったんです」

出典 http://ameblo.jp

以前から閉所恐怖症だったのかは不明ですが、突然、こんなことで閉所恐怖症に気づくこともあるんですね…

飛行機にも乗れない!?瑛太さん

俳優の瑛太さんの場合は、仕事にも支障が出そうな内容。通常、閉所というと北斗さんのようなMRIをイメージしますが、彼は「飛行機」もダメなんだとか…。

飛行機に乗らなければいけないときは、窓際の席に座って、ずっと外の景色を眺めているのだそうです。

どうしたら閉所恐怖症は克服できるの?

閉所恐怖症を克服するには、どうするのが一番良いのでしょうか。その対策法を探っていきましょう。

治療は、薬物療法またはカウンセリング

閉所恐怖症で病院へかかると、薬物療法が中心になってきます。一時の不安感を抑えると言う意味では有効です。

しかし、副作用なども少なからずあるので、心配な人も多いですよね。そんな場合は、カウンセリングを受けるのがいいでしょう。

トラウマがある場合は、トラウマの治療を

松本さんや水野さんは、トラウマの原因ともいえるエピソードを語っていますよね。このような場合は、カウンセリングを受けて、トラウマを小さくしていくことが可能だそうです。

また、閉所へ行って、発作を抑えられた経験を積むことで、「なんだ、閉所でも大丈夫じゃないか」という自信がつくと、閉所でも発作が起きなくなるということもあるのだそうですよ。

まずは誰かに相談することが大切

もし、閉所恐怖症にお悩みの方がいたら、まずはそれを身近な人に話し、理解してもらうことが大切。薬の服用がイヤならば、その旨を伝えて、カウンセリングを受けることも可能です。

そのままにしておくと、恐怖が増幅することもあるそうですので、放っておかずに、対処することが大切です。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス