記事提供:子ある日和

このお話を読んでいるあなたは、今どこにいるのでしょうか?

もしかしたら悪阻の辛い時期で、あなたはベッドの上かもしれません。妊婦健診の長い待ち時間に退屈している、待合室のソファーの上かもしれません。

そして、出産が怖くて不安で色んなサイトから情報を集めている「パソコンの前」かもしれません。

妊娠が分かった時、本当に嬉しかったと思います。けど出産を目前にした今は、怖くて不安で仕方ないと思います。

それ以上に赤ちゃんが生まれてから、自分が育てていけるかな…なんて。どんどん先の事を想像して辛い想いをしている妊婦さんもいるのではないでしょうか?

実は私もそうだったのです。初めての妊娠は嬉しかったけど、初めての出産は怖くて仕方なかった。陣痛ってどれ位痛いの?とか、生まれた後一人でお世話できるかな…とか。

けど誰でも初めての経験や未知の世界に足を踏み入れることって怖いものです。

ベテランの姑でも、自分の母親でも、最初はみんな出産も子育ても怖くて不安で仕方なかったんです。だからきっとあなたも、今の不安が笑い話になる日が必ず来ます。

そして、私はあなたに伝えたいことがあります。あなたが出産の経験を与えられたのは、乗り越えられるって認められたからです。

あなたのお腹にいる赤ちゃんは、与えられた宝物なのです。

実は私は上の子を授かるまで5年以上かかりました。なかなかできなくて諦めた時期です。

そんなある日の明け方、夢を見ました。なんの行列か分からないけど、とにかく長い行列に並んでるのです。そして老人が何かを配ってるんですけれども、何か分からないんですよね。

自分の順番に来た時、それが赤ちゃんだったと気づき私はその老人に「え?!」と言った直後、目を覚ましました。

その1週間後に長男の妊娠がわかったのです。

私自身そんな非現実的な事を信じるタイプではなかったのですが、この夢があり「子供は天からの授かりもの」と感じたのです。

出産も子育ても、それらを経験できるチャンスも天からの授かりものなのかもしれないと思うのです。

もしかしたらこれから大変なこと沢山あると思います。けどそれ以上にお子さんはあなたに笑顔をくれます。そして経験値をくれます。

子供の成長は親を成長させてくれるのです。辛いことがあると、人はすべてを失ったかのように思ってしまいます。

子育てに追われ、友達と連絡も取れなくなって、昔の様に自分のオシャレができなくて…全部なくしてしまったと思う日がくるかもしれません。

けどそんなことは決してありません。子供はそれ以上に大切なことをあなたに与えているのです。それを与えるために、あなたの所に来たのです。

その時は必死で分からないかもしれないけど、いつか絶対に気付く日がきます。

子育ては、お世辞にも楽とは言えません。けど、あなたの心に新しい光を与えてくれるのは確かです。

ママだって辛い時は泣いていいんです。泣いた分、明日は笑顔になれます。今日が最低の日なら、明日は最高を待つだけなのです。

怒っていいのです。休んでもいいのです。

ママだって人間ですから。あなたがあなたらしく「ママ道」を歩くことで、赤ちゃんは真っ直ぐに成長してくれます。自信を持って、あなただけの「ママ道」を歩いて行ってください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス