最初は遊び感覚だった!

アンロッキング・ザ・トゥルース(Unlocking the Truth)は、ニューヨークの公園で演奏をしていたところ、エリック・クラプトンのドラマーとして有名なスティーヴ・ジョーダンに見出され、その後様々なイベントに出演。
ガンズ・アンド・ローゼスのラスヴェガス公演の前座や、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジの前座も控えるなど、瞬く間にスターへの階段を駆け上がっている。

メンバーは?

出典 http://unlockingthetruthband.com

マルコム・ブリックハウス(ヴォーカル&ギター)、ジャラド・ドーキンス(ドラム)によって結成され、その後小さい頃から親友だったアレック・アトキンス(ベース)を加え3人体制となる。

中学2年生という若さにも驚きを隠せないが、近年白人アーティストが大半を占めるヘヴィメタ界に、全員が黒人という彼らの出現は衝撃を与えている。

音楽だけでなく学業も優先?

ジャラドの母親のタバサは「友達同士のお遊びだったのが、タイムズスクエアに出かけることになって、さらにこんなことにまでなったのよね。次から次へとすごいことになっていくのよ」と語っている。ただし、学業をおろそかにさせるつもりはまるでなく「学校の勉強がまず最優先。勉強が終わってないようなら、音楽もなしなの」と、タバサは学校とバンドの両立を説明している。

出典 http://ro69.jp

「学校の勉強がまず最優先。勉強が終わってないようなら、音楽もなしなの」
お母さん偉い!見た目はちょっとイカつい3人だけど、お勉強も頑張っている努力家みたい。

ソニーとの契約で約1億7270万円を手にすることに

今回の契約でアルバム2枚とその後4枚までの契約延長オプションもついたという。ファースト・アルバム用にソニーは6万ドル(約610万円)の前金を用意するそうで、キャリアが順調に立ち上がればセカンドの前金には35万ドル(約3560万円)用意されることになるという。さらにアルバムが全6枚無事にリリースされた場合にはバンドが計170万ドル(約1億7270万円)手にすることになるそうだ。なお、メンバーが全員未成年のため、契約はマンハッタン最高裁判所の認可が必要となったそうで、無事裁判所の認可が下りたという。

出典 http://ro69.jp

この間まで、公園で音楽活動をしていた中学2年生が、一気に2億円近くのお金を手にすることに!これぞまさにアメリカンドリーム!まあ、それだけソニーが期待している逸材ということ。今後、日本でもどんどんとメジャーになっていくこと間違いなし!

とりあえず曲を聴いてみよう

出典 YouTube

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

ARASE このユーザーの他の記事を見る

「おもしろフィルター」を通して、あらゆる情報をおもしろく伝えられるよう善処します。記事、コラムなどの執筆のご依頼は→mapsincjapan@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス