美白ブームの続く日本。日本では美白のための基礎化粧品や日焼け対策グッズも充実していますよね。ところが、筆者の住むイタリアでは、美白どころか、こんがり日に焼けた肌のほうが人気があるのです。その理由とは?また、日本人の異常なまでの日焼け対策をイタリア人はどう思っているのでしょうか?筆者の体験に基づいてご紹介したいと思います。

イタリアで日焼けした肌はセレブの証!

知り合いのイタリア人たちに聞くと、イタリアも昔は美白が流行った(というよりは、日に焼けていない女性のほうが美しいという)時代があったそうです。というのも、以前は地位の高い家庭の女性は日の下で働くことがなく日焼けすることがなかったのに比べ、農民の女性は日が照る中一日中働き、その肌は日に焼けて黒くなっていたからだそうです。よって、昔は色白こそがお金持ちの象徴だったようです。

しかし、その価値観も時代とともに大きく変わったようです。

イタリアは地中海に囲まれた半島ですから、綺麗なビーチ、海岸がたくさんあります。週末やバカンスになると、海へ行くイタリア人がとても多いです。イタリア人だけでなく、イタリアの美しい海と輝く太陽を求めてドイツ、オランダなどからも夏になるとイタリアの海に人が押し寄せます。そうなると、イタリアの海辺の町は夏が観光ハイシーズン。宿泊施設等の値段も跳ね上がります。また、高級リゾート地となっている海辺の町もイタリアに多いです。

そうしたこともあってか現在では、“日焼けしている=優雅なバカンスを海で過ごした”という解釈で、日焼けした肌こそセレブの証!色白でいると“バカンスにも行けなかったのね。かわいそうに…。”と解釈されることも。

もちろん、イタリア人は見栄を張るためだけに日焼けしているのではありません。日焼した肌のほうが健康的で好印象というイメージがイタリアでは強いというのも、イタリア人が日に焼けたがる理由であるようです。

日本人の日焼け対策はイタリア人には異常に見える?

強いイタリアの日差しの下、日傘を差して、長袖で町を歩く日本人観光客を時々見かけますが、やはりイタリア人にとっては異様な格好に見えるようです。

他にも、日本人の日焼け対策はイタリア人にとっては異常に見えるようで…。

筆者はイタリア在住11年。何度かイタリア人と海に行ったことがあります。ある日、ビーチに行く前にせっせと体中に日焼け止めクリームを塗っていると、それを見た友達が「私にもかして。」と言ってきました。もちろん私は快くクリームを友達に渡したのですが…。私が使っていた日焼け止めクリームはSPF50+のものでした。それを見た友達は「やっぱりいらない。」と使わずに私に返してきたのです。「日に焼けすぎて肌が痛くなるのは避けたいけど、それじゃせっかく海に来たのに焼けないじゃない!」とのこと。

ちなみに、SPFの数値の高い日焼け止めクリームというのはイタリアでは基本的に“子供用”です。子供の肌は白く、弱いため、それを守るためにSPFの数値の高いものを使うようです。なので、私がSPFの数値の高い日焼け止めクリームを買って、洗面所に置いていると、それを見た筆者のイタリア人夫は、「あれ?間違えて買ったの?これ、子供用だよ。」と。あえて子供用のSPFの数値が高いものを買ったと知った夫は「そこまでしなくても…。少し日に焼けたくらいのほうがいいじゃないか!」と言っていました。

その他にも、「日本人の友達とバカンスでビーチに行ったら、日に焼けたくないからとパラソルの下でずっとバスタオルに包まってた。ビーチに行く意味が無いじゃない!日本人って不思議ね~。」といったエピソードも知り合いのイタリア人から聞いたことがあります。

日本人の美白に対する意識は強く、でもそれはイタリア人から見るとどうも異様な光景のようです。

筆者の場合…

あえて日に焼けることはしませんが、イタリアに来た当初よりは日焼け対策を怠っています。わざと怠っているといいますか…。お肌のためには焼かないほうがいいと思いつつ、夏に真っ白の肌だとここイタリアでは“不健康”に見られるのも確か。なので、特に美白は気にせず「あえて焼かない」程度にとどめています。

それでも、夏に日本に帰国する場合は、日に焼けすぎていないかとても気になります。やっぱり日本人(特に女性)は本当に色白ですからね。夏に日本に帰国する場合は春くらいから丁寧に日焼止めクリームを塗って、外に出ても日陰を探してしまう自分がいます。

イタリアと日本とで日焼けの意味や価値が異なるって…ちょっと面倒だなと思う今日この頃です。

この記事を書いたユーザー

シェコ このユーザーの他の記事を見る

2004年よりイタリアはフィレンツェに住んでいます。
イタリア人の夫と黒猫1匹との生活。
日本語講師としてイタリア人に日本語を教えています。
魅力的なイタリア、不思議なイタリア、海外から見た魅力的な日本、不思議な日本を中心にお伝えしていきます。

普段のイタリア生活についてはアメブロに書いています。
http://ameblo.jp/firenzefungo/

トスカーナ、フィレンツェ観光に関してFirenze in Tascaというトスカーナ、フィレンツェ個人旅行サポート会社のサイトにて記事を執筆中。
http://firenzeintasca.com/

権利侵害申告はこちら