東京都と神奈川県の県境の役割を果たす多摩川。
広い河原ではランニングをしたり、野球やゴルフなどのスポーツをする人など、周辺に住む人の憩いの場となっています。
そんな多摩川ですが、両岸の周辺には同じ地名が使われているケースがあるのです。

きっかけは友人との待ち合わせで

東急東横線/目黒線の「新丸子駅」で友人と待ち合わせをしたのですが、待てど暮らせど友人は現れません。LINEが来て、もう着いているとのこと。しかし、会話がかみ合わない。。。友人は、東急多摩川線の「下丸子駅」にいたのです。。。ちなみに下丸子駅は東京都大田区にある駅で、新丸子とは対岸にあたる場所です。

多摩川の両岸、つまり東京都と神奈川県には「丸子」という同じ地名があることになります。調べると、「等々力」「野毛」など他にも両岸に同じ地名が存在するのです。これはいったいなぜなのでしょうか。

多摩川の流路は頻繁に変わっていた!?

現在と同じように、多摩川は昔から東京と神奈川(昔だから江戸と相模)の境としての役割を果たしてきました。現在の多摩川からはイメージができないと思いますが、頻繁に氾濫を起こしており、その度に流路が変わっていたのです。現在の流路になったのは、1912年(明治45年)のことで、比較的近代になってからなのです。


同じ地名は、氾濫で分断された地名の名残

氾濫によって流路が変われば、分断される村が出てきます。「丸子」「等々力」「野毛」など、多摩川の両岸で同じ地名が使われているのは、元は同じ村だったからなんですね。
駅名が似ているので待ち合わせには少し不便ですが。。

以上、1分で読める多摩川トリビアでした。

この記事を書いたユーザー

YUICHI このユーザーの他の記事を見る

いい夫婦netというブログで、夫婦の日常や思ったことを書いています。Blog:http://efufunet.hatenablog.com

得意ジャンル
  • 料理
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス