記事提供:FunDo

「1億円をためるまで死ねない」という11歳少年の投稿がTwitterで話題となっているのでご紹介します。

少年は1年生の時からお金をため続けているそうですが、その目標額がなんと1億円。そして、1億円をためたら銀行に預けて、通帳に1億の数字をしみつけて、それを大きくコピーして家に飾りたいと誓っています。一体、何が少年の動機だったのでしょうか。

Twitterユーザーから寄せられていた声

●いいか、悪いかはわからないけど、使うのではなく、貯めるという発想、それも1億という具体的な目標設定はすごい!同じ頃、菓子か、プラモデルかに消えていたけど…

●数字をしみつけるって初めて訊いた表現なんですが、幼児語ですかね?Googleでも全くヒットしないのですが…

●なんだこの子…すごい子ですね…

●いわゆる世間で言う勝ち組になるには欲がないとなれないらしいし何らか夢とか目標を持つのは大事なことだけどその目的がお金のためになってしまうのは良くないと思う

●凄く長生きしそうですね。

●欲がないと言われてるそうだけど、これ凄い欲ですよね

●ビジネス書中毒にならんように…。ただ、ファイティングスピリットに溢れた投稿ではある!

●すごい、のか?

さまざまな反響が寄せられていますが、みなさんはどう思いますか?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス