アメリカで行われる、プロムという高校生の卒業パーティ。誰をパートナーに選ぶかは、最も大きな関心事。そのプロムのパートナーに、高校アメフトのスター選手が選んだのが、ダウン症の幼馴染だったのです。ふたりを結びつけた、意外な運命とは…?

もう小4の時から決意していた!

ベン・モスリー君は、高校ではアメフトのチームでクォーターバックを務めています。クォーターバックとは攻撃側のリーダーの役目を負う司令塔。花形と呼ばれるポジションを任されていた彼が、モテたであろうことは想像に難くありません。

そんな彼ですが、実はもうずっと前からプロムのパートナーを決めていたのです。

そのお相手が、ダウン症のメアリー・ラプコビッツさん。彼女とは幼いときからの親友で、モスリー君は母親に高校を卒業するとき、プロムのパートナーにラプコビッツさんを選ぶと宣言していました。

転校で離れ離れに…でも、そんな二人に奇跡が!

モスリー君の宣言から2年後、ラプコビッツさんが転校しふたりは離れ離れに。しかし、運命なのか、2人の通っている学校が合併したことでふたりは再会。このとき、モスリー君は幼い時の約束を実行しようと決めました。

「PROM?」と書いた風船を持って彼女のもとに行き、「風船をプレゼントして一緒にプロムに行ってくれないかって聞いたんだ」というモスリー君。

ラプコビッツさんは突然のことに驚きましたが、もちろん返事は「イエス」。モスリー君の7年前の決意がついに、叶ったのです。

念願叶って、ついにプロム当日

約束どおり、ラプコビッツさんをプロムに連れて来たモスリー君。ドレスアップしたラプコビッツさんは、スミレ色の淡いドレスがとても良く似合っています。

小学校時代の教師によるとモスリー君は常にラプコビッツさんを気遣い、とても優しかったそうです。またラプコビッツさんもそんなモスリー君を信頼していました。

手と手を携えながら、微笑み合うふたり。ラプコビッツさんの幸せをかみ締めている表情に、胸があったかくなりますね。

モスリー君もタキシードが決まっていて、カッコイイですね。彼女を見つめる穏やかな表情もまた素敵です。

変わらない幼馴染への友情に感動

出典ttps://www.facebook.com/photo.php?fbid=10206755167861461&set=yo.1342821030.2015.www_timeline.&type=1&theater

子どもの頃の約束は、いつの間にかあやふやになってしまったり忘れていたりするもの。偶然の再会によって出会えたことに感動しますが、宣言通りに彼女を誘ったモスリー君の行動力に感服しました。ふたりの友情がこれからも続いていきますように…。

この記事を書いたユーザー

sally このユーザーの他の記事を見る

フードコーディネーターの資格を持つ、神戸出身のライターです。暮らしに役立つちょっとした情報から、オススメのグルメ、ファッションまで幅広く書いています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス