いよいよ7月に入り、夏本番も近づいてきましたね。そんな時に気になるのが、暑い時の汗。中でも脇汗は人に見つかると恥ずかしく、厄介ですよね。本当はグレーの服を着たいのに、脇汗が目立つのが不安で避けている、なんて方も多いのではないでしょうか?

こんな声や…

心配しながら着ている方や…

実際に「ミスった」をおかしてしまった方もいます。

これからもっと暑くなる季節、予防法はないのでしょうか?そこで今日は、夏でも脇汗を防いで着たい服を着るための5つの方法をお届けしたいと思います!

1.汗とりインナーを着る

出典 http://www.bellemaison.jp

今では様々なメーカーから汗とりインナーが出ています。例えばこちらの『ベルメゾン』の「サラリスト」は、シリーズ累計260万枚も売れているという人気商品。

出典 http://www.bellemaison.jp

3枚構造の特大パッドで汗ジミ知らずになれるそうです。お値段はキャミソールタイプの1,200円からありました。

出典 http://www.bellemaison.jp

『ベルメゾン』には、同じ「サラリスト」という商品が、メンズ・キッズにもありました。写真のメンズTシャツタイプは、お値段1,400円。案外お手頃なのが嬉しいですね。

2.汗を止めるツボを押す

出典 http://otokomaeken.com

今すぐ脇汗を止めたい!という緊急事態に対応できるのが、ツボ押しです。脇汗を止めるには、「大包(だいほう)」というツボを押すのが効果的で、このツボは第6肋間と第7肋間の間にあり、脇の下に位置しています。

方法は簡単で、手をグーにした状態で脇の下の肋骨を押すだけ。ぐいぐいと押さえつけるように押すのがポイントです。

出典 http://monclerindre.com

「大包」というツボを押すのが緊急事態に対応するには効果的だそうです。簡単ですね!

3.大豆製品を多く摂る

出典 http://www.gettyimages.co.jp

多汗症対策に効果があるといわれているのは、大豆などの豆類に含まれるイソフラボンです。イソフラボンには発汗を抑える効果と汗をさらさらにしてくれる嬉しい効果があるようです。積極的に豆類を摂っていきたいですね。

出典 http://complex7.com

特にイソフラボンは女性ホルモンの働きを活発にすることで知られていますが、汗腺からの発汗作用を抑制するという効果を持ちます。食事による多汗症対策として効果的に取り入れてみるのもいいのではと思います。

出典 http://wakiase10.jugem.jp

上記の引用にあるように、大豆などに含まれるイソフラボンには、発汗作用を抑制する効果があるそうです。すぐに効果が出るものではないかもしれませんが、意識的に取り入れていきたいものですね。

4.はっ水スプレーをワキ部分にかける

出典 http://www.gettyimages.co.jp

これは『世界一受けたい授業』で紹介された裏ワザだそうなのですが、

パットが使えない服、Tシャツ等でワキ汗を目立たなくする裏ワザが紹介されました。その裏ワザとは・・
“はっ水スプレーをワキの部分にかける!”
衣類用の撥水スプレーがホームセンター等で販売されています。これを使う!
容量等にもよりますが価格は1000円前後
使い方も簡単!Tシャツのワキの部分の上から、はっ水スプレーをかけるだけです!

出典 http://yarikata.jp

という方法だそうです。

※はっ水スプレーがシミになる場合もあるので、あらかじめ目立たない部分で試して下さい。
※使うのはワキだけにする事!全体にかけると通気性が悪くなります。
※約20cm離し風通しの良い所でスプレー、完全に乾燥させてから着ること。

出典 http://yarikata.jp

という注意点さえ守れば、これも手軽な方法ですね。既にはっ水スプレーをお持ちの方は費用もかかりませんから、特に試してみる価値アリかもしれません。

5.ミョウバン水を使ってみる

出典 http://www.drwallet.jp

最後に手作りでできる制汗剤についてご紹介します。

《材料》
ミョウバン(ミョウバン・焼ミョウバンどちらでもOK)
水(水道水でOK)
100均などで売っているスプレーボトル
計量スプーン又は計量器(100均でも売っているので十分)

出典 http://zapkun.net

ミョウバンを入れても数百円で済む材料だそうです。そして、作り方は以下の通り。

ミョウバンと水の比率は150(水):1(ミョウバン)を目安とします。(水150mlでミョウバン10g)

スプレーボトルに水を入れてミョウバンを入れてボトルをシェイクすれば完成ですが、溶けずらいので1日ほど放置しておくととけます。早く溶かしたい場合は、ボトル半分量のお湯で溶かしてから水をいれると早く溶けます。

ミョウバン水は冷蔵庫で3年も持つとの事ですが、ミョウバン自体安いものなので1週間ほどで使い切る量を作って新鮮なものを使いましょう。

出典 http://zapkun.net

とても簡単ですね。お好みでエッセンシャルオイルやアロマオイルを加えてもいいそうです。

という方々もいらっしゃいました。消臭効果もあるそうですし、プチプラですから、これも試してみたくなりますね。

【番外編】無印良品から「汗じみしにくい」Tシャツが!

出典 http://www.muji.net

いろいろ対策はしても心配…という方に朗報です!一着で着られて、「汗じみしにくい」グレーTシャツが『無印良品』から発売になっているのです。汗じみを抑える加工を施した生地を使用しているそうで、お値段1,500円。お手頃価格ですし、これは期待が持てそうです。

実際にこんな声も聞かれています!

いかがでしたか?もちろん、この時期に多く売り出される「汗ワキパット」も捨てがたいですが、それが使えない服もありますし、使い捨てになってしまうのが惜しいですよね。

今回ご紹介した5つの方法は、手頃で長く使える方法ばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね。皆さんで脇汗知らずの夏を迎えましょう!

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス