記事提供:Doctors Me

Doctors Me 編集部です。
飼い主さんの平日の仕事や休日のおでかけなど、ワンちゃんがお留守番をする機会も多いことでしょう。そんな時、犬が安心して、退屈することなくお留守番するのに役立つアイテムをご紹介します。

1.安心して過ごせる居場所

出典 http://www.gettyimages.co.jp

まずは、犬が安心して過ごせる、静かで周囲から守られている場所が必要です。室内飼いならいつも過ごしている部屋にいつものハウス、外飼いなら周囲から丸見えにならない場所にハウスが置いてあるのがいいでしょう。どちらの場合も、できるだけ周囲の音が気にならない場所がベターです。安心して入っていられるハウスにお気に入りのお布団があれば、犬はより快適です。

留守番でちょっと不安になる犬には、飼い主の脱いだシャツなど、飼い主の臭いのするものを置いてあげると安心できるかもしれません。

2.暑さ寒さをしのぐために

出典 http://www.gettyimages.co.jp

暑い夏や寒い冬には、エアコンや扇風機などで快適な空間を作ってあげることも忘れずに。涼しくするグッズには、冷感素材のボードやマット、タオルで巻いた保冷剤などがあります。暖かく過ごすには、湯たんぽやペットヒーターなどがよいでしょう。

どれも、実際にお留守番で使用する前に飼い主がいる日に、噛んだりいたずらしたりしないか、気に入って使ってくれるか確認しましょう。

3.カミカミおやつ、ペロペロおやつ、カミカミおもちゃ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

リラックスしてのお留守番も、時間が長くなれば退屈なものです。犬は噛むことが大好きなので、噛んでいいものをいくつか用意してあげましょう。

おやつでしたら、ひづめやアキレス腱などの噛むものや、コングなどで、少しずつ食べたり舐められたりするグッズがよいでしょう。

噛むおもちゃには、形や素材に様々なものがあrので、その子が気に入るものを見つけてあげましょう。これらも事前に目の届く時に与えてみて、事故が起きないことを確認してからお留守番の時に使いましょう。

4.知育トイ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

中に入っているおやつを食べるために、犬が頭を使って動かすおもちゃがたくさん販売されています。ワブルボー、トリートタワー、トリートボールなど、種類もさまざまなのがあります。

5.テレビ、DVD

出典 http://www.gettyimages.co.jp

映像や音が気に入って、好きな番組がある犬にはお留守番の時にそれを見せるのも退屈しのぎになるでしょう。犬が見るためのDVDも発売されています。

6.モニター

出典 http://www.gettyimages.co.jp

吠えていないか、リラックスして過ごせているかなど、外出中に心配な犬の様子をチェックするためにはモニターが便利です。最近ではwebカメラ、パソコン、携帯電話、スマートフォンを通じて、留守宅の様子を外出先からリアルタイムに見ることができる製品がたくさん販売されています。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス